ここから本文です

【健康Q&A】冷え性で「温活」もしているのに体調不良が悪化。何が足りないの? [mi-mollet]

7/5(水) 12:01配信

講談社 JOSEISHI.NET

みみ33さんからの質問
Q.冷え性で年々体調不良がひどくなる……。生活で気を付けることを教えてください。

体を温める生活が大事とよく言われますが、40代以降は具体的にどんなことに気を付けて生活するのが良いでしょうか?私は若い頃から冷え性で、夏でも肌をあまり露出しないような服装、冷たい飲み物は避け、生姜を食べるなど気を遣っているのに、今ではお尻を触っても冷たいような状態……。そのせいか吹き出物に子宮筋腫に乳腺症と、できものだらけです。人生の折り返し地点を迎え、これ以上悪化させたり不調を増やしたりしたくないので、生活で気を付けることを教えていただけたら嬉しいです。ちなみに、体格は下半身が太い中肉中背、体質は胃腸が弱く便秘ぎみ、お酒が好きです。(42歳)

特別ゲスト 日比野佐和子先生の回答
A.筋肉量を増やす運動と食事が冷え性改善の鍵になってきます。

冷え性がひどいとのこと、お辛いですよね。お悩みに書かれている症状から原因を推測して、できる対策を挙げさせてもらいますね。

まず「下半身が太い」と書かれていらっしゃることから、筋肉量が少ないのではないかと思います。筋肉は基礎代謝を上げて熱エネルギーを生み出しますから、筋肉が少ないことによって冷えやすくなっている可能性があります。是非、インナーマッスルを鍛えられてください。私もおこなっているのですが、インナーマッスルを鍛えるにはストレッチがお勧めです。股関節や背中など、普段の生活ではつかわない筋肉をしっかり動かすストレッチを毎晩寝る前に15分間おこなっているのですが、これだけでもかなり汗が出ますよ。筋肉を鍛えるといったら「ジムでハードな筋トレ」と思うかもしれませんが、そこまでする必要はまったくありません。何より、きついことは続かないですからね。それはリバウンド王の私が一番よく知っています(笑)。

あとは、筋肉が増えやすい食事をとられることも大事かと思います。みみ33さんは、朝食はきちんと食べられていらっしゃいますか? 朝食にたんぱく質をとると基礎体温が上がりますので、ぜひ、朝食の内容にも気を配られてください。ただ、子宮筋腫や乳腺症を抱えているとのこと。これらは女性ホルモンが大きく影響するものですから、女性ホルモンと似た働きをする大豆や乳製品の摂取は控えめにされたほうがいいでしょう。

簡単なアドバイスで恐縮ですが、お役に立ちましたら幸いです!

いかがですか?
日比野先生の回答、ぜひご参考になさってください。

PROFILE

日比野佐和子(ひびのさわこ)
1970年生まれ。大阪大学医学部大学院医学系研究科卒業・博士課程修了。現職はRサイエンスクリニック広尾院長。専門分野は欧米のアンチエイジング、中医学、ホルモン療法、プラセンタ療法、植物療法(フィトテラピー)、アフェレーシス療法(血液浄化療法)など。研究分野において国際的に活躍するとともに、テレビや雑誌での分かりやすい解説も好評を得ている。著書も多数あり、『眼トレ』シリーズは累計30万部のベストセラーとなっている。

Yahoo!ニュースからのお知らせ