ここから本文です

岡崎体育のアリエナイ最高偏差値が明らかに! 鈴木友菜の音楽連載【NO MUSIC NO YUUNA】

7/5(水) 18:30配信

集英社ハピプラニュース

音楽好きの友菜が気になるミュージシャンと対談する「NO MUSIC NO YUUNA」。今回は、楽曲はもちろんMVでも世間の話題をさらった岡崎体育さんが登場!!

生ける伝説! HYDEを走り続けさせる“原動力”って?【NO MUSIC NO YUUNA】


■今月のお相手は…
岡崎体育さん

★過去の最高偏差値109!? 頭脳明晰スーパークリエイター
友菜:MVにありがちな“あるある”を歌った、メジャーデビューアルバムの中の1曲『MUSIC VIDEO』が大きな話題に。思わず笑ってしまうユニークな世界観、なのにサウンドはめちゃカッコイイ!! ニューアルバム『XXL』も最高でした☆ ちなみに、岡崎さんの初めての楽曲制作は中学生の頃、『ニンテンドーDS』で作ったって本当?

岡崎:そうなんですよ。もともと音楽は好きで。母親の影響でクイーンをはじめとする洋楽を聴いて育ち、アニメの主題歌をリコーダーで吹いては、その音階を学級通信の裏に書いて友達に配るような子どもだったんです。でも小学生の頃にピアノを習い始めるも、音大生だった先生の就活がスタートしたため、たったの3か月で破門。実は未だに楽譜が読めないという。

友菜:なのに、今は曲から歌詞まで全部一人で作るのがスゴイ!! さらに、岡崎さんは同志社大学出身なんですよね? 音楽活動しながら超難関大学で学ぶ……一体、どんな学生だったの?

岡崎:まじめな生徒でしたよ。それこそ、教室の一番前で講義を聴くような。大学では世論の動向のつかみ方や購買心理学のようなものを学んでいました。「これは絶対に将来役に立つぞ」と確信しつつ。4年間まじめに勉強しました。

友菜:今、実際に役立ってますか?

岡崎:CDジャケットにどんな色みを使うと目立つことができるか、どんな文言に消費者は心動かされるか、何をどう仕掛けるとバズるのか……がっつり役立ってます。

友菜:楽曲やMVから勝手に“コミカルな人”というイメージを抱いていたんですけど……実際にお会いすると全く印象が違う!!

岡崎:ある意味“岡崎体育”は音楽活動のために僕が作り出したキャラクター。自分で自分をプロデュースしている感覚に近いんです。

友菜:こうやって話しているだけで“賢い人”だというのが伝わってくるんですけど。学生時代の最高偏差値、聞いてもいいですか?

岡崎:世界史で偏差値109を……。

友菜:えっ、そんな偏差値聞いたことない!!

岡崎:たまたま得意分野からごっそり問題が出て。また、その内容がコアすぎて。他の人が答えられなかっただけだと思うんですけどね。


~インタビュー後の感想~
とにかく『MUSIC VIDEO』の印象が強くて。「底抜けに明るい人なのかな」と想像。でも、実際の岡崎さんは本人いわく「人見知りで暗い男」。そのギャップに驚いた。でも、落ち着いたトーンでゆっくり話す内容はやっぱりおもしろくて(笑)。その頭脳でどんな音楽を届けてくれるのか、これからも楽しみ。

[Profile]
●おかざきたいいく
1989年7月3日生まれ。京都在住の男性ソロプロジェクト。その唯一無二でユニークな世界観は常に世間の注目のマト。「新曲のMVも公開同時にYouTubeの急上昇ランキング上位に。ニューアルバム『XXL』もすでにバズってます!!」(友菜)

ノンノ2017年8月号掲載


モデル/鈴木友菜 撮影/斎藤大嗣 ヘア&メイク/山本ゆかり スタイリスト/松尾由美 取材・原文/石井美輪 web構成/篠有紀

Yahoo!ニュースからのお知らせ