ここから本文です

スカーレット・ヨハンソン、『アベンジャーズ~』新作でのブラック・ウィドウとハルクの再会を示唆。

7/5(水) 20:05配信

VOGUE JAPAN

スカーレット・ヨハンソンが『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』にて、ブラック・ウィドウとハルクが感動の再会を果たすことを示唆した。スカーレット演じるブラック・ウィドウとマーク・ラファロ演じるハルクは恋愛関係にあるものの、前作『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の最後では、ハルクがブラック・ウィドウに別れも告げずに飛び去ってしまっていたが、スカーレットによれば新作の中で2人は再会するという。

スカーレット・ヨハンソンの写真をもっと見る!

実生活では今年始めにロマン・ドリアックとの離婚申請をしたスカーレットだが、アクターズ・スタジオのインタビューでこのように語った。「ちょうど『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の1部を終えたところよ。私のキャラクターはハルクとずっと恋愛関係にあるでしょ。(撮影が上がった日は)なんていうか大打撃だった。何でかわからないけど落ち込んだわ。マークが演じてるハルクについての何かだったんだと思う。揺るがないものだと思っていたことが突然そうでなくなるというような。当時の私のプライベートで起こっていた色々なことと関連性があったからだと思うわ」。

一方で同シリーズ共演者のロバート・ダウニー・Jr.は、アイアンマン役が気恥ずかしくなってきたら演じるのを止めるだろうと発言していた。2008年から同役を演じているロバートは「みんな僕に本当に適役だなんていうんだ。僕は毎回(アイアンマンのキャラクターについて)やり直して、しっかりと固めてから役に臨んでいるよ。僕は自分がまたやると決めたのに失敗して、今まで出演したマーベル映画を台無しにするようなことはしたくないんだ。ただ恥ずかしくなる前に幕を下ろしたいって思ってるよ」。

Bangshowbiz

最終更新:7/5(水) 20:05
VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年10月号
2017年8月28日発売

700円(税込み)

日本人ロックスターとして、YOSHIKIが『VOGUE JAPAN』の表紙に初登場!
人気モデルのミカ・アルガナラズと豪華競演。