ここから本文です

文字盤がユニークな新作時計3本──和紙からエナメル、スケルトンまで

7/5(水) 13:10配信

GQ JAPAN

見た目のユニークさばかりに目が行きがちな“変わりダイヤル”。時計メーカーのテクノロジーの進展によって登場した最新注目例を紹介する。

【 時計オタクの時代、到来? 】

“変わりダイヤル”という言葉がある。文字盤に趣向を凝らしたモデルを意味するのだが、細工モノを含むエナメルや、ムーブメントに彫金を施してダイヤルレスに仕上げるスケルトンが旧くからの代表例だ。しかし素材と加工方法が進化した現代では、さらなる変わりダイヤルも登場している。ハンドメイドエナメルのサプライヤー、ドンツェ・カドラン社を傘下に収めるユリス・ナルダンは、正攻法の高温焼成エナメルを高品質かつバリューな価格で展開する最右翼。ウブロの「マジック サファイア」はダイヤルレスのスケルトンウォッチだが、見せ場はそれだけではない。サファイアクリスタルで成形した複雑な構造の透明なケースを採用した点も見逃せない。光発電エコ・ドライブを搭載する「ザ・シチズン」は、太陽光を透過させるダイヤル素材が必須となるが、最新作が用いた手法はなんと手漉き和紙だ!

限られたあの狭いスペースで見せる、時計ブランドの高い技術力。目を凝らして見ていただきたい。

■CITIZEN
ザ・シチズン
シチズンの最高峰グレードが「ザ・シチズン」。年差±5秒という高精度クオーツをベースに、独自の光発電機構である”エコ・ドライブ”を搭載する。光発電の要となるのはダイヤル下のソーラーセル。より多くの光を透過させることが発電効率を高める1つのポイントだ。新作では、日本独自の手漉き和紙を採用。手漉きのため同じダイヤルがふたつとないことも魅力だ。スーパーチタニウムケース&ブレスレット、光発電エコ・ドライブ、37.5mm径。
330,000円〈CITIZEN/シチズンお客様時計相談室 TEL0120-78-4807〉

■ULYSSE NARDIN
マリーン トゥールビヨン
往年のデッキクロックをモチーフとしたトゥールビヨン。今年のユリス・ナルダンは、自社製造/革新性/伝統技術を3本の柱としつつ、リーズナブルなプライス戦略を展開している。シリコン素材の脱進機と同ヒゲゼンマイを搭載した自社製トゥールビヨンをSSケースに載せ、ドンツェ・カドラン製のグラン・フーエナメルを奢った本機はその最右翼。古式ゆかしい銅板エナメルは仕上がりも上々だ。SSケース×レザーストラップ、自動巻き、43mm径。
3,240,000円〈ULYSSE NARDIN/ソーウインド ジャパン TEL03-5211-1791〉

■HUBLOT
ビッグ・バン ウニコ
マジック サファイア
透明なサファイアケースに、マットブラックのスケルトンダイヤルと黒いラバーストラップを組み合わせた意欲作。ケース、ベゼル、ケースバックは完全に透明で見えなくなり、赤いクロノグラフ針は、ブラックスケルトンダイヤルでも見られるようになっている。このモデルは「見える」と「見えない」を複雑に共存させた点がユニークだ。自社製クロノグラフのウニコを搭載。サファイアクリスタルケース×ラバーストラップ、自動巻き、45mm径、世界限定500本。
6,130,000円(6月発売予定)〈HUBLOT/ウブロ 03-3263-9566〉

鈴木裕之

最終更新:7/5(水) 13:10
GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2017年9月号
2017年7月24日発売

600円(税込)

『ベイビー・ドライバー』主演、アンセル・エルゴート登場/クルマが恋人の若者たち/10トップワールドニュース/三越ワールドウオッチフェア“明日”のヴィンテージ時計