ここから本文です

広瀬すず、初めての弓道に「いままでで一番難しかったです」 『先生!』弓道着姿捉えた新場面写真

7/5(水) 8:21配信

リアルサウンド

 10月28日に公開される映画『先生!』より、広瀬すずの“弓道着姿”の新場面写真が公開された。

ほか画像

 本作は、累計発行部数570万部を超える河原和音による同名コミックを、生田斗真主演で実写化した青春ラブストーリー。恋を知らない17歳の女子高生・島田響が、世界史教師・伊藤貢作へ初めての恋心を抱く模様を描く。

 このたび公開されたのは、真剣な眼差しと凛々しい表情で弓道に打ち込む響(広瀬すず)の場面写真。初めて芽生えた恋に葛藤する響の“言葉にならない心情”を、放つ矢を通して表現している。本作で初めて弓道に挑戦した広瀬は、弓道指導の先生の元、撮影の一カ月以上前から練習に励み、「いままでで一番難しかったです」とコメント。

 「これまで使ったことない筋肉が必要とされるので、撮影までにしっかり準備しないとなと思いました」と話していたが、初めて弓をもった日には「立っている姿勢だけでだいぶ辛い」と立ち姿ひとつをとってもこれまでとは勝手が違うことを明かしている。しかし一切妥協はせず、「腕も細くなりそうだし、お尻も小さくなりそうです。エクササイズみたいな感じで(笑)」と前向きに挑んだ。

 今回指導にあたった田中先生も、「これだけ練習が続いて、沢山弓を引いているので相当疲れているかと思いますが、広瀬さんの所作は、とても美しいです。要領もそうですが、礼の仕方、姿勢も素晴らしい。ちょっと言葉をかけると、すぐに出来ちゃうので、安心して声をかけられます」と絶賛。広瀬自身も、「今までの役は身体を激しく動かすことが多く、集中力が必要となる弓道は、新しい感覚で楽しいです」と語っている。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/5(水) 12:00
リアルサウンド