ここから本文です

PSGが仏代表の18歳神童に衝撃オファー! “世界20位タイ”の年俸15億円を提示

7/5(水) 14:10配信

Football ZONE web

ビッグクラブのムバッペ争奪戦、PSGが破格の高額年俸を提示か

 モナコの18歳神童、フランス代表FWキリアン・ムバッペはレアル・マドリード、マンチェスター・シティ、アーセナルなど移籍先候補が浮上しているが、パリ・サンジェルマンが衝撃の年俸15億円を提示していることが明らかになった。スペイン地元テレビ局「テレシンコ」が報じている。

【全ランキング】スイス調査機関CIESが算出! 「最新推定市場価格トップ110選手」

 PSGのナーセル・アル・ヘライフィー会長とモナコのアンテロ・エンリケ強化部長は、4日にムバッペと父親と会談を持った。そこでは年俸1200万ユーロ(約15億円)という衝撃的なオファーが提示されたという。

 英メディア「ファイナンスフットボール」の年俸ランキングによると、この年俸1200万ユーロは世界20位の中国・江蘇蘇寧MFアレックス・テイシェイラと並ぶもの。10代選手としては、フットボール界最高額となる。

 そしてこの年俸額は、レアルがムバッペに提示した600万ユーロ(約7億5000万円)の2倍に当たるという。レアル首脳陣は18歳に対する年俸15億円について「やりすぎ」と判断。オイルマネーによる潤沢な資金を持つPSGと、入札競争に打って出ない方針を固めたという。

 モナコも慰留に向けて、大幅アップとなる契約延長オファーを出している。昨季大ブレークしたムバッペは、プロ入り2年目で億万長者となる道が約束されているようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/5(水) 14:10
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新