ここから本文です

お値段未定!ポルシェ911史上最速&700馬力で登場したニューモデルの正体

7/5(水) 22:01配信

GQ JAPAN

2017年6月30日、ポルシェは911 GT2 RSを発表した。700馬力で後輪駆動という、これまででもっともスリリングなロードゴーイング911の発表の舞台は、英国の“グッドウッド フェスティバル オブ スピード”会期中のグッドウッドのレーシング・サーキット。F1で9度の優勝経験を持つマーク・ウェバーも登場した。

【この記事に関するそのほかの写真と動画はこちら】

■2.8秒の911

「もっとも速く、もっともパワフルで、公道走行が可能な911」

ポルシェがそう定義する究極のスポーツモデル、911 GT2 RSが、モータースポーツの祭典、『グッドウッド フェスティバル オブ スピード』の期間中の6月30日にグッドウッドでベールを脱いだ。

発表の舞台となったグッドウッド サーキットは1948年から66年までF1もふくむ各種レースが行われていた伝統の場所だ。ポルシェはそのピット前にジャーナリストを集め、700馬力の後輪駆動という超ド級のスペックを誇るあたらしいアルティメット911をお披露目した。

この新型911 GT2 RSは、2基のターボチャージャーを備えた3.8リッター水平対向6気筒エンジンを搭載し、700ps(515kW)の最高出力と750Nmの最大トルクを発生する。3.6リッターの先代モデルを80ps(59kW)上回り、最大トルクも50Nm増しだ。

新型に追加したあたらしいエンジン冷却システムは、まんまレーシングカー用のようなシロモノだ。最高負荷域で高温になるとインタークーラーに水を噴射して、過圧域での吸気温度をオーバーブースト可能な温度域へと下げる。

変速機はGT2 RS専用にカスタマイズした“GT 7段ダブルクラッチトランスミッション(PDK)”。途切れることなくパワーを伝達し、静止状態から時速100kmまでわずか2.8秒の加速性能を誇る。最高速度は、なんと時速340km!

ポルシェはこうした超高速度域でのスタビリティを担保するために、リアアクスルにステア(後輪操舵)機能を与え、ウルトラハイパフォーマンス(UHP)タイヤを標準装着した。“完璧なレーシングシャシー”である、と胸を張る。

1/2ページ

最終更新:7/6(木) 11:00
GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2017年11月号
2017年9月23日発売

600円(税込)

EXILE AKIRAが登場!ニューヨークのアキラ/いま手に入れるべき禁断のNew It アイテム大行進!!/浅草&錦糸町「酒場ガイド」 濹東綺〝舌〞ほか

Yahoo!ニュースからのお知らせ