ここから本文です

トランプ流で大統領の椅子を狙う「インドネシアのメディア王」

7/5(水) 8:00配信

Forbes JAPAN

インドネシアの「メディア王」として知られ、トランプのビジネスパートナーでもある大富豪ハリー・タヌスディビョ。近年は政界に進出し、世界で4番目の人口を抱える国の大統領の座を狙って着々と地盤を固めている。



推定資産は11億ドル。リアリティ番組と美人コンテスト、ツイッターをこよなく愛し、魅力的な妻を持つ。ビジネスで大成し、まるでトランプの様相を呈したインドネシアの億万長者、ハリー・タヌスディビョが次に目指すのは、国政への進出だ。

「私は10年以内に国を動かしていると思う」と、ハリーは自信たっぷりに語る。「私の政党は踏み石だ。国のために何かをするための踏み石だ。私は、出馬しなければならない」

ハリーはインドネシアの複合企業MNCグループの創立者であり、不動産とメディアで財を成した。トランプはインドネシアのリゾート開発におけるビジネスパートナーだが、ハリーにとっては同時にロールモデルでもある。

あらゆる点でトランプ似

「もうすぐドナルド・トランプが大統領になる」

トランプの就任式の前夜、トランプ・インターナショナル・ホテルのロビーにあるバーでハリーは言った。既にほろ酔いで、自分のティーカップにはペパーミントティーを注ぎ、スコッチが入っている私のタンブラーに合わせ、彼は上機嫌に続けた。

「彼はすべての人に大きなインスピレーションを与えている。もちろん、私にも」。

ハリーはあらゆる点でトランプに似ているが、象徴的なのが口癖だ。英語がそこまで流暢でない彼は、「ビッグ」という単語を好んで使う。ジャカルタにある宮殿のような彼の自宅は?「ビッグ」。彼のビジネス帝国は?「とてもビッグ」。バリに開発中の彼の新しいリゾートのビジョンは?「最もビッグで、ベスト」。

疲れ知らずでほとんど眠らないという点もトランプと同じだ。ハリーは4時か5時に起床し、eメールやWhatsAppメッセージに返信。他の時間も携帯電話を手放さず、数分ごとにチェックする。睡眠時間は一晩4時間くらいだ。警護に付き添われながら100万人を超えるフォロワーに向けて、四六時中ツイッターを更新している。

一日中精力的に動いている彼のペースに合わせるのに、MNCの役員たちは必死だ。副社長のアイヴァン・カサデバルは言う。

「彼はすべてを非常に速いペースでこなす。オフィスで彼がどんなに私たちを急かすか、あなたには想像できないだろうね」

目指すのは「究極の調停者」

ジャカルタの1ブロックほぼすべてを占めるハリーの自宅には、ヤシの木と大理石と高い円柱があり、池には鯉がうようよしている。ベッドルームは10室。23人のスタッフが週7日24時間体制で待機している。いかにもトランプ的なその豪邸に、ディナーに呼ばれたときのことだ。

テーブルにはハムやサラミ、ダック・コンソメ、ハマグリ、魚料理、和牛、ホワイトチョコレートのムースなどの料理が次々に供され、2000年のシャトー・ラフィット・ロスチャイルドといったワインが気前よく注がれた。

1/4ページ

最終更新:7/5(水) 8:00
Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN
2017年9月号

株式会社アトミックスメディア

2017年9月号
7月25日(火)発売

890円(税込)

成功のヒントはフォーブスにあり!
Forbes JAPAN 無料会員に登録すると、すべての記事が読み放題。メルマガ配信、限定のプレゼントやイベントへのご招待も!