ここから本文です

【J1ベストイレブン】攻撃力爆発の川崎から最多4名を選出。MVPは絶好調のアタッカー|17節

7/5(水) 6:00配信

SOCCER DIGEST Web

卓越したドリブルで試合を決めた浦和の関根も選出。

 J1リーグは7月1日と同2日に17節の9試合を行なった。ここでは、その9試合からサッカーダイジェストWeb編集部がセレクトしたベストイレブンを紹介する。
 
【選出理由】
 神戸を相手に5-0と圧勝した川崎から、最多の4名を選出した。3得点に関わった中村憲剛、中村の背後でリズムを作った大島僚太、2得点を挙げた小林悠と、2ゴール・2アシストの阿部浩之を選出。その中から、今では川崎の攻撃サッカーに不可欠な存在となっている阿部浩之を採点『7.5』で今節のMVPに選んだ。
 
 2トップの一角には、豪快なミドルシュートで同点ゴールを挙げた鹿島の金崎夢生を選出。また、左のウィングバックにはドリブルで次から次へと相手をかわし、劇的な決勝ゴールで浦和の勝利を決定づけた関根貴大を選出した。
 
 ボランチには球際の強さ、運動量、ボール捌き、攻守両面で際立った活躍を見せたG大阪の井手口陽介を、リオ五輪でチームメイトの大島とともに選出。
 
 3バックには豪快なボレーで試合を決めた櫻内渚、身体を張った守備で強さを見せた大井健太郎の2名を磐田からピックアップ。そして、勝利に貢献し140試合連続フル出場の偉業を達成した横浜の中澤佑二を選出した。
 
 GKは札幌のク・ソンユンを選出。何度もビックセーブを披露し、無失点で抑え、チームの5試合ぶりの勝利に貢献した。

【PHOTO】日本代表戦の美女サポーターたち♥

【今節のベストイレブン】の採点&寸評

【今節のベストイレブン】
GK
25 ク・ソンユン(札幌) 7
相手の決定機で何度もビッグセーブを見せて勝利に大貢献。加えて、先制点もこの選手のキックが起点となった。
 
DF
 5 櫻内 渚(磐田) 7
位置取りを工夫して新潟を混乱に陥れると、今季初ゴールとなる豪快なボレーで試合を決めた。
 
22 中澤佑二(横浜) 6.5
鉄人は錆び付かず。指揮官も試合後の会見で「こちらが求めるものに応えようとし、今でもパフォーマンスは向上している」と賛辞を惜しまなかった。
 
3 大井健太郎(磐田) 7
最後で身体を張った強さを見せ、機動力を発揮してのカバーリングも秀逸。危なげない試合運び。
 
MF
10 大島僚太(川崎) 7
神戸の激しいプレッシャーを難なく交わして攻撃のタクトを振るった。5分にアウトサイドで出したスルーパスはまさに才能が凝縮されたもの。先制点の起点にもなった。75分に放ったシュートはポストに嫌われた。
 
8 井手口陽介(G大阪) 7
セカンドボールの反応とボール奪取時のスピードはピカイチ。球際の強さや運動量でも際立った働きを見せた。攻撃でもボール捌きや、スルーパスで貢献。70分には、サイドにボールを散らしてから攻め上がり、ゴールをゲット。まさに獅子奮迅の活躍だった。
 
11 小林 悠(川崎) 7.5
フリーランを繰り返してボールを呼び込んだ。8分には中村のスルーパスに抜け出し、阿部へプレゼントパスを供給。72分にはヘッド、後半ロスタイムには右足でネットを揺らした。
 
14 中村憲剛(川崎) 7
3ゴールを演出する圧巻のパフォーマンス。特に1点目につなげた小林へのワンタッチパスは秀逸だった。27分には自らゴールに迫るも、北本の決死のクリアに阻まれた。
 
24 関根貴大(浦和) 7.5
「試合開始から良いフィーリングが続いていた」と、左サイドで奮闘。85分にズラタンのゴールをアシストし、90+2分に語り草となりそうな5人抜きドリブルで逆転! ペトロヴィッチ監督も「ワールドクラスだ」と絶賛した。
 
FW
33 金崎夢生(鹿島) 7
前半は抑え込まれたものの、後半は気迫漲るポストワークで反撃を促した。54分には強烈なミドルシュートを叩き込み同点ゴールを奪取。特大のプレゼンスで流れを変えた。
 
THIS WEEK MVP
8 阿部浩之(川崎) 7.5
ここ6試合で4ゴールを奪っていた男は、小林、中村のアシストを受けて2ゴールをマーク。後半には小林の2点をアシストした。
 
※選手名の左の数字はクラブでの背番号。右は今節の採点。
採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
 

最終更新:7/5(水) 6:00
SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ