ここから本文です

【広島】驚きとともに涙ぐむ選手も… 森保監督退任の衝撃とその舞台裏とは?

7/5(水) 16:30配信

SOCCER DIGEST Web

「自分から辞めることはない」と断言していたが…。

 17節の浦和戦に敗れ、今季二度目の4連敗を喫して17位で前半戦を折り返した。このタイミングで指揮官が申し出た辞意をクラブは慰留したものの受け入れ、4日に森保一監督の退任が発表された。
 
 この発表には違和感が残る。成績不振に陥った今季もずっと森保監督は「自分から辞めることはない」と断言していた。ただ「クラブの成長、発展の妨げになるなら辞める」という考え方は監督就任当初から根っこの部分にあった。『森保監督が辞意を申し出た』よりも、『クラブ側から契約解除を告げられて森保監督が受け入れた』の方が余程しっくりとくるが、いずれにしても「森保も無念だろうし、私たちも悔しい」と話した織田秀和社長にとっても苦渋の決断だったことは間違いない。
 
「非常に残念。5年で三回優勝させてくれ、クラブの栄光の歴史を作ってくれた。しかもクラブのレジェンド。そういう監督と契約を全うするのではなく契約の途中で別れなければいけない。森保には感謝しかない」と語った織田社長の言葉に偽りはないだろう。J創設期のチームを選手として支えたクラブ初めての生え抜き監督であり、クラブに初タイトルをもたらし、なおかつ5年間で三度もリーグ制覇を成し遂げた監督である。
 
 しかし、「お互いにプロとして危機感は常に持っていた」(織田社長)。どんなに栄光に彩られた過去があっても、常に結果に対する責任を負わなければいけないのが監督である。森保監督も「プロは結果がすべての世界」とコメントを発表している。2勝4分11敗で17位の降格圏に沈む現在、広島と森保監督に別れが訪れたことは「致し方ない」としか言いようがない。
 
 7月8日の横浜戦に向けたトレーニングを開始した同4日、織田社長は練習前にミーティングを行なって選手たちに監督退任を伝えた。
「ビックリしている選手もいたし、少し涙ぐむ選手もいた」
 
 チームに走った動揺は当然、大きい。そんななかで織田社長は選手たちに語り掛けた。
 
「責任は森保だけじゃなくてわれわれフロントにもあるし選手にもあるが、時計の針をもう戻すわけにはいかない。これからどうしないといけないかと言ったら、本当に死に物狂いで勝点を稼いで森保に恩返しをするしかない」
 

【写真】欅坂46|上村莉菜×影山優佳 夢のサッカー対談(#1)「柏、広島との出会いや観戦方法は?」

1/2ページ

最終更新:7/5(水) 19:01
SOCCER DIGEST Web

配信終了のお知らせ(11月16日)

  • nikkei BPnetの配信が終了しました。