ここから本文です

ニューヨーク在住のゲイ日本人弁護士「“カミングアウト”は本来、自分自身に対してするもの」

7/5(水) 8:50配信

HARBOR BUSINESS Online

 6月25日、ニューヨークで毎年恒例のプライド・パレードが開催された。

 ニューヨークのプライド・パレード、いわゆるゲイ・パレードは、1年で最も盛り上がるイベントの1つで、セクシャルマイノリティはもちろん、そうでない人もレインボーカラーの旗や服を身にまとい、パレードで行進する人達を見届ける。

 今年のテーマは、「We are proud(私たちは誇らしい)」。

 不穏な政治情勢が続く中でもポジティブに立ち向かう彼らを象徴する言葉だ。3キロ余りのコースには、80もの山車(だし)を引っ提げた4万人の参加者が、それぞれの思いを胸に沿道へ手を振っていた。この日の独特な自由感を楽しむカップルの姿は、パレードのコースである5番街エリアからグリニッジビレッジまでだけでなく、ニューヨーク市内の至る所で多く見受けられ、一様に皆朗らかな様子だった。

 セクシャルマイノリティとは、同性愛者(レズビアン・ゲイ)、バイセクシャル、トランスジェンダーなどの性的少数者のことを指す。それぞれの頭文字をとったLGBTという言葉は、日本でもここ数年で大分知られるようになってきた。

 ニューヨークで弁護士として活躍している日本人、芝亮さん(29)も、LGBTの1人だ。早稲田大学法学部卒業後、フォーダム大学ロースクール修士課程修了。その後弁護士となり、ニューヨークでの生活は今年で7年目になる。

 日本在住時から自らがゲイであることを隠すことなく、オープンに生きてきた彼に話を聞いた。

――セクシャルマイノリティという立場をどう受け止め、オープンにしてきたのでしょうか。

「自分がゲイだということは、日本にいる時から血液型や星座と同じくらいなものとして捉えてきました。もちろん血液型の要素よりは足かせになることはありましたが、恐らくそれはまだ日本にLGBTに対する情報が足りておらず、誤解や偏見が停滞してしまっているからだと思います。

 自分がLGBTであることを自然なことだと受け止められていれば、カミングアウトは家族や周囲にはあえてする必要がないはず。自分がストレート(異性愛者)だったら、わざわざカミングアウトしないですよね。LGBTでもそうあるべき。だから、私たちがさも悪いことをしているかのように、『今日話したいことがあるんだ』、『実は僕ゲイなんです、受け入れてください』というようなカミングアウトはしたくなかった。」

◆母親は、いつか来る日を面白く待ち構えていた

――実際、芝さんご自身と親御さんとはどうだったんでしょうか。

「高校生のある日、初めてできた彼氏を家に連れて来た時に、母親に手招きされて。いよいよか、と思っていたところ、母親は『男役なの?女役なの?』って。それに『ご想像にお任せします』という形で返してカミングアウトが終了したんです。彼女は私が小さい頃から薄々気付いていたんだと思います。いつかやってくるであろう“その瞬間”を面白く迎えてやりたいと準備していたんでしょうね。」

――やはりカミングアウトという作業はない方が理想の形なんでしょうね。

「カミングアウト」は、本来自分自身にすることなんです。小中学生までは、自分に起きていることがよく分かっていない。これが一過性のものなのか、いつか女の人を好きになる時がくるのか。大人になるにつれ、その答えを自分自身に認めることが、一番のカミングアウトになるんじゃないですかね。」

 筆者は女性として時折、日本の過剰な「女性保護」に違和感を覚えることがある。「女性専用車両」や「レディースデイ」、「生理休暇」などは、本来女性の社会進出を促すためのものだったはずだが、女性だけにこのような特権が与えられている現状を良しとすることで、むしろ自らを弱い立場として確立してしまっていないだろうか。

 これに対し、芝さんは、このように話す。

「元々男の人が女の人を尊敬するという文化が日本にあったら、もうちょっと気持ちよく入れられたんだと思うんですけどね。それが無いのに、突然取ってつけたように『女性専用車両』となれば、どんな導入の仕方を取ってもしっくりこないものです。一方、ニューヨークでは、性別に対する偏見が日本よりないため、いい意味でも悪い意味でも、性別そのもので自分を特別な存在にできない。何か特別になりたかったら性別以上に何かスキルや人間性を磨かないといけない街ですよね」

◆性別のない第三の呼称、「Ze」「Mx」

 英語の三人称単数形には本来SheとHeのみであるが、ここ最近になって「彼/彼女」を意味する「hir」や、Theyの単数形「Ze」という呼び方が登場した。実際ハーバード大学など、アメリカにある有名大学の一部では、これらの新しい代名詞でのID登録ができるようになっている。

 さらには、Mr(ミスター)、Ms(ミズ)、Mrs(ミセス)、Miss(ミス)などといった馴染みの呼称の他に、「Ze」、「Mx(ミクス)」なる呼び方がオクスフォード辞書に新語として掲載されるようになった。どちらも自分のアイデンティティが男性でも女性でもないと感じていたり、性別を特定されるのを好まなかったりする人のためのジェンダーニュートラル(中性的)な言葉の選択肢が今、増えつつある。

 ニューヨークの人気ブロードウェイミュージカル劇場のトイレ前には、「自分のアイデンティティにあったほうのお手洗いをお使いください」と掲げられたメッセージ。地下鉄の壁には、「ニューヨークの日常」をテーマに描かれたゲイ2人が手をつないだモザイク画。こう見ると、アメリカの大都市には、もはやLGBTの人々を「少数派」とする雰囲気すら消えつつあるのかもしれない。

 社会的少数の立場にいる人は強く、思いやりに満ち溢れている人が多い。人に分かってもらおうとする術が身にしみ込んでいるため、話し方もうまく、越えてきた山の険しさが隠さずとも見えてくる。筆者にもマイノリティとして活躍する友人が多くいるが、総じて彼らは皆「努力の人」だ。

 マイノリティは、武器だ。皆がそれぞれ、何かしら自分の誇れる少数な部分を持ち、乗り越えようと努力することで、人は強く優しくなれるのではと、彼らに会うたびに教えられているような気がする。

<文・橋本愛喜>

ハーバー・ビジネス・オンライン