ここから本文です

元仏代表FWジブリル・シセが現役復帰。スイス3部クラブと1年契約

7/5(水) 0:02配信

フットボールチャンネル

 元フランス代表FWのジブリル・シセは、スイス3部のイヴェルドン・スポールFCに加入して現役復帰を果たすことになった。

 現在35歳のシセは、2014/15シーズンをフランス・リーグアン(1部)のバスティアで過ごしたあと、フランス海外県レユニオンのサン=ピエロワーズで短期間のみプレー。その後はプレーから遠ざかりながらも現役続行への意欲を見せていたが、今年2月に引退を表明した。自身のファッションブランドも持つシセは、今後は「情熱を音楽とファッションに向ける」と話していた。

 だがそれから5ヶ月を経て、シセは再びピッチ上に戻ることになった。3日には新クラブのユニフォーム姿や練習風景をインスタグラムで投稿し、「今シーズンはイヴェルドンの選手になる。ピッチに戻ってくることができてすごく嬉しい」とコメントしている。

 報道によれば、シセはイヴェルドンと1年契約を交わしたとのこと。イヴェルドンは昨季スイス4部で優勝を飾り、新シーズンは3部で戦うことになる。

 シセはオセールでキャリアを開始し、リバプール、マルセイユ、サンダーランド、パナシナイコス、ラツィオなどでプレー。リーグアンでは2度の得点王に輝いた。フランス代表としても2002年、2010年のワールドカップ出場など41キャップ9得点を記録している。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)