ここから本文です

「スマアシⅢ」搭載で安全装備が充実したミラ・イース。「DNGA」第一弾としての課題とは?

7/5(水) 18:33配信

clicccar

新型ミラ・イースは基本的にソフトな足まわりですが、高速道路でのレーンチェンジやコーナリング時でも安定感があり、都市部やバイパスなどのタウンユースであれば操縦安定性や快適性の面で大きな不満は出ないでしょう。

【この記事に関連する別の画像を見る】



ミラ・イースを購入されるユーザーの多くは「日常のアシ」として使われると推測されますが、そう考えると非常に高い完成度ですし、「DNGA」第1弾としても恥ずかしくない出来映えです。



走りで注文をつけるとすると、高速走行時の直進安定性がもう少しで、遮音対策も限界がある「燃費スペシャル軽」「エントリー軽」であることでしょうか。高速道路の法定速度内でも前席と後席の会話は大声を出さないと成り立ちません。



しかし、「日常のアシ」と考えると、毎日高速道路に乗る人は少ないはずで、街中での走りに大きな瑕疵は見当たりません。



装備では、対歩行者を含む衝突被害軽減ブレーキや誤発進抑制機能(前後)などからなる「スマートアシストⅢ」の搭載は評価できます。一方で、リヤヘッドレストが上級2グレードをのぞきオプション(1万800円)なのは残念。オプションとなっているグレードには、ビジネスユース向けで荷物しか載せないと思われる「B」系だけでなく、乗用向け最廉価の「L」系グレードも含まれています。



後席には人を絶対に乗せない、というのであればオプションでも仕方ないものの、席がある以上は乗る可能性はあるはず。ヘッドレストは頭を休める装備ではなく、「Head Restraint」の英語からも分かるように、「拘束」や「抑制」を意味する安全装置。「スマアシⅢ」も大歓迎ですが、有無を言わさず全車標準にして欲しかったところ。



また、ドライビングポジションを改善すべく、ステアリングの取付角度調整を手前側に(プラス20.2mm)、アクセルペダルをエンジンコンパートメント側に(マイナス12.7mm)することで、体格に合ったポジションが取りやすくなっています。また、チルト&テレスコピック機構を最上級の「G SA Ⅲ」に標準化したのは評価できますが、それ以外のグレードは未設定なのも残念。



80万円台から買える新型ミラ・イースですから「削れるところは極力削る」という懐事情は理解できます。ですが、「DNGA」第1弾モデルですから、少し高くなっても他メーカーの規範になるくらいの心意気も見たかったところでもあります。



(文/塚田勝弘 写真/小林和久)

最終更新:7/5(水) 18:33
clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)