ここから本文です

眞子さま婚約会見「予定の質問以外はNG」通達と落胆

7/6(木) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 日本中が注目する慶事が7月8日にある。秋篠宮家の長女・眞子内親王と小室圭さんの婚約内定会見だ。初めて2人が揃う会見だけに質疑の内容に宮内庁も神経を尖らせている。元宮内庁職員で皇室ジャーナリストの山下晋司氏が言う。

「通常、婚約内定の会見では事前に記者クラブから宮内庁に質問内容を提出してもらいます。回答は基本的にご本人たちがお考えになりますが、事実関係の間違いなどがないようにご両親や宮内庁が確認しているはずですから、やり取りはそのシナリオ通りに進みます。ただし、『関連質問』では何を聞かれるのか分かりませんので、宮内庁はヒヤヒヤしますよ」

 会見では予定された質問以外は原則できないが、答えに対する追加質問はできる。これが「関連質問」だ。ところが、今回は“禁止”になったという。

「宮内庁から記者クラブに、『関連質問はNG』という通達があったのです。我々の“見せ場”がなくなって残念です」(皇室担当記者)

 1989年9月、秋篠宮夫妻の婚約会見では記者が紀子妃に「礼宮さま(秋篠宮)が初恋の人ですか?」と質問した。紀子妃は〈申し上げてもよろしいでしょうか……?〉と秋篠宮の顔を覗き込んだ後、「はい、そうでございます」と恥じらいつつ答え、その微笑ましいやり取りが話題になった。

 1993年1月の皇太子と雅子妃の婚約会見では、「(求婚を)いったん固辞したと聞きましたが」という際どい質問に、雅子妃は「ご辞退申し上げたことがあるかどうかは、私から申し上げるのは差し控えたいと思いますが、仕事を辞めるべきかどうかについて、だいぶ悩んだことはございました」と答えた。

 これらはいずれも「関連質問」だったと言われており、皇族方の率直な思いや素の表情を引き出した「名質問」だ。なぜ今回の会見ではダメになったのか。前出の皇室担当記者はこう言う。

「宮内庁が小室さんの受け答えを心配したのではないでしょうか。小室さんは25歳と若く社会経験も乏しい。会見で際どい質問を受けたら、不用意な発言をしてしまうかもしれないと考えたのではないか」

 これには前兆があった。婚約報道翌日の5月17日、小室さんは勤務先の前で会見に応じ、「今日の朝、電話で“行ってきます”“行ってらっしゃい”といった軽い会話をさせていただきました」と答えた。

 正式な婚約内定発表前に、親密関係を窺わせる発言をしたことに、宮内庁関係者は苦い顔をしたという。宮内庁に事実確認をしたところ、次のように答えた。

「調整中につき、(関連質問を設けるかどうかは)回答を差し控えさせていただきます」(総務課報道室)

 国民が期待するのは小室さんの人柄がしっかり伝わる会見なのだが……。

写真■雑誌協会代表取材

※週刊ポスト2017年7月14日号