ここから本文です

仕事でも人間関係でも欠かせない、上手にフォローアップをする5つのポイント

7/6(木) 8:10配信

ライフハッカー[日本版]

MakeUseOf:フォローアップが大事な理由を一言で言うなら、人は忘れてしまうからです。メールを読んでも、返信するのを忘れます。電話をかけ直すのを忘れます。コーヒーでも飲みながら話そうと言っていたことを忘れます。重大な情報があまりにも多かったら、それが普通になり、驚きもしません。

【画像】図は、メールのフォローアップのシートの一例

誰もが毎日あまりにも多くの刺激にさらされており、素晴らしいタスク管理システムがあっても、必ず何かを忘れます。忘れるものは大体メールか電話です。人生なんてそんなものです。

しかし、だからと言って、それを受け入れなければならないわけではありません。メールや電話、会議、つながりなどのフォローアップをし、引く手あまたの人に対してその他数百人と自分を区別するような行動をします。例えば、Steli Eftiは、投資家と会議をする48時間前にフォローアップをして、うまくいっています。

少なくとも、フォローアップをたくさんすれば否定的な反応をされることもありますが、努力するところを変えることができるので、まったく反応がないよりはマシです。

就職活動でも、アドバイスを求めることでも、フリーランスの仕事の売り込みでも、人間関係を築く時でも、質問の答えが欲しいだけでも、フォローアップは欠かせません。うまくフォローアップすれば、人生が簡単に進むようになるだけでなく、コミュニケーションの成功率も高めます。

今回は、うまくフォローアップするための5つのコツをお教えしましょう。

1. 全力でフォローアップする

おそらくこれが、フォローアップ上達のためにできる一番大事なことだと思います。相手から反応がない場合は、こちらからフォローアップをするのだ、ということを理解しなければなりません。反応がもらえる確率がかなり低く、その反応をそこまで期待していないのなら、飛ばしてしまってもいいです。しかし、ほとんどのコミュニケーションにはフォローアップが必要です。

事前にわかっていることが大事です。すでに全力でフォローアップすると決めているのですから、フォローアップメールを送るかどうかの議論をする必要はありません。

1/4ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。