ここから本文です

ヤマハが最新のバーチャル3Dサラウンド「DTS Virtual:X」に世界で初めて対応したサウンドバー『YASシリーズ』を発売

7/6(木) 6:30配信

@DIME

ヤマハはサラウンドシステム「YASシリーズ」の新モデルとして、最新のバーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に世界で初めて対応。さらに4K・HDR映像伝送にも対応したバータイプのフロントサラウンドシステム『YAS-107』『YAS-207』の2モデルを7月下旬より発売を開始する。『YAS-107』は本体のみ、『YAS-207』はワイヤレスサブウーハーが付属。価格はいずれもオープン価格。

ヤマハがDolby Atmoに対応したネットワークAVレシーバー『RX-A870』を発売

『YAS-107』は、スタンドが低い薄型テレビの前に置いても画面を遮ることなく視聴できる、高さ53mmのスリムなワンバーボディを実現。ボディのエッジ部分には丸みを持たせ、ファブリックカバーを採用したスタイリッシュなデザインも特徴の一つだ。

『YAS-207』は、テレビの前に手軽に置ける高さ60mmのスリムなバータイプのセンターユニットと、縦置きにして好きな場所に設置できる細身でスタイリッシュなワイヤレスサブウーハーが付属するシステム構成。いずれも同じファブリックカバーによる統一されたデザインで、センターユニットの天面はレザー調、サブウーハーの天面・片側面はサテン調に仕上げとなっている。

『YAS-107』『YAS-207』ともに、本体のボタンはタッチセンサーを装備し、軽く触れるだけで電源や音量などの操作が可能。また、Ultra HD ブルーレイ規格で規定されたHDR映像や4K/60p 4:4:4映像信号のパススルー、HDCP2.2に対応した1入力/1出力のHDMI端子を装備し、HDMIケーブル1本でテレビ音声を伝送できるオーディオリターンチャンネル(ARC)にも対応している。さらに、HDMI接続中の対応テレビ・レコーダーと連動して、本機の電源オン/オフ・音量調整・入力切替などが可能なHDMIコントロール機能(リンク機能)も搭載。その他に、人の声と背景音を判別して人の声を強調し、セリフやナレーションを格段に聴き取りやすくする「クリアボイス」を搭載するなど、簡単にテレビの音声を臨場感あふれるサラウンドで楽しむことができる。

『YAS-107』は、真円形で優れた音質を実現する5.5cmフルレンジのメイン(フロント)L/Rスピーカー、7.5cm口径の内蔵サブウーハー、2.5cmツイーターによる3ユニット構成をそれぞれ左右に搭載。実用最大出力計120W(非同時駆動)のハイパワーアンプを内蔵するとともに、高効率のバスレフポートも装備し、スリムなワンバーボディでありながらクリアで迫力のあるサラウンドを実現している。

『YAS-207』は、本体バータイプのセンターユニットに4.6cm口径の内蔵ウーハー2基と2.5cmツイーター1基をそれぞれ左右に搭載し、ワイヤレスサブウーハーに大口径16cmスピーカーを搭載。実用最大出力計200Wのハイパワーアンプを内蔵し、豊かなで広がりのある低音と、クリアな中高音による臨場感のあるサラウンドを楽しめる。

そして『YAS-107』『YAS-207』ともに、最新のバーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に世界で初めて対応し、前方・左右・後方に加え、高さ方向の音場もバーチャルで再現する3Dサラウンドを可能にしている。これにより、従来まではテレビ画面より下のサウンドバーの位置から聴こえていたセリフが、テレビ画面の位置から聴こえるようになり、セリフとの一体感が向上。従来の前後・左右の広がりに加え、上方から包まれるような音の広がりが感じられるようになることで、映像・音楽の世界への没入感がいっそう増すという。

また、ステレオ音声入力時でもアップミックス機能により、バーチャル3Dサラウンドが楽しめ、さらに、不足しがちな低音を増強する機能「バスエクステンション」による、豊かでパワフルな重低音再生も可能になった。

『YAS-107』『YAS-207』はBluetoothにも対応し、スマートフォンやタブレットなどのBluetooth対応機器内の音楽コンテンツを、手軽にワイヤレス操作で再生が可能。独自の音質改善技術「ミュージック・エンハンサー」により、スマートフォンなどからの圧縮音源を高音質で聴けるとともに、高音質音声コーデックAACを搭載し、iPhone等の音声もクリアな音で楽しめる。

『YAS-107』の主な仕様は外形寸法が幅890×高さ53×奥行き131mm(テレビ前置き設置時)、3.4kg。実用最大出力はフロントL/R:30W×2、サブウーハー :60W (非同時駆動)。搭載ユニットはフロントL/R:5.5cmコーン非防磁型×2、ツイーター: 2.5cmドーム防磁型×2、サブウーハー: 7.5cmコーン非防磁型×2。

『YAS-207』の主な仕様は外形寸法がセンターユニット:幅930×高さ60×奥行き108mm、2.7kg・サブウーハー:幅180×高さ437×奥行き401mm、7.9kg。実用最大出力はセンターユニット(フロントL/R): 50W×2、サブウーハー:100W。搭載ユニットはフロントL/R :4.6cmコーン防磁型×4、ツイーター :2.5cmドーム防磁型×2、サブウーハー:16cmコーン非防磁×1。

文/編集部

@DIME編集部

最終更新:7/6(木) 6:30
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年12月号
10月16日発売

定価600円

Amazonを使い倒す超賢ワザ
『iPhone X』を買うべき10の理由
開発の裏側も見せます!無印良品の家電学