ここから本文です

900万円のバイクをポチる強者は現れるか!? Amazon Prime Dayに『ライダースクラブ』スペシャルバイク登場!

7/6(木) 21:01配信

エイ出版社

Amazon PrimeDayにエイ出版社史上最高値のバイク雑誌登場!?

なんとお値段は900万905円。

『RIDERS CLUB 2017年8月号』と、世界3台限定のbimota(ビモータ)「MOTO CORSE TESI-3D CR Special Edition」のセット価格がそれだ。

つまりは、価格のほとんどはこのバイクなわけだが、それにしても約900万円とは安くはない。

このMOTO CORSE TESI-3D CR Special Editionとは一体何なのか?

既存のすべてのバイクにある欠点を取り除いた『完全なハンドリング』

とにかくその独特の構造を持つ前輪周りをご覧いただきたい(写真左)。

「そもそも、前輪を操るステアリング周りに掴まるところがあるのが悪い」と言ったのはライダースクラブ顧問の根本健。

多くのバイクに使われている『テレスコピックフォーク』という構造だが、ハンドルをステアする仕組みと、衝撃を吸収する仕組みが組み合わさっているからいろいろと不具合が起る。

たとえば、コーナリング中にブレーキを強く掛けるとステアリングが切れ込んで転んだりする。ブレーキをかけてフロントフォークが沈むと、キャスター角が変わるので、バイクの操縦特性が変化する……などが、その欠点の代表的なものだ。

(写真右)※写真の車体にはさらにセラミックブレーキとレーシングキャリパーが装着されているが、これはさらにオプション。販売される車体にはステンレスディスクが装着される。

そういう欠点を取り除いた画期的ステアリングシステムが、このbimota TESI-3Dに搭載されている『ハブセンターステア』というステアリングシステムだ。この構造ならバイクの自然なステアリングを妨げることはないし、サスペンションが沈んでもハンドリング特性は変わらない。

理想のコーナリングを実現する、貴重なバイク。それがTESI-3Dなのだ。

TESI-3Dの真価を轢き出すMOTO CORSEのチューニング

bimota TESIの構造自体はbimotaのエンジニアであるピエルルイジ・マルコーニが学生時代に書いた論文に基づいており(TESIとはイタリア語で『論文』の意)’90年にTESI 1Dとして約500万円で販売されたが、高精度・高剛性な加工を必要とするため、一般的な量販車に普及することはなかった。

しかし、そのメカニズムとハンドリングはbimotaによって連綿と熟成され、1D時代は理想を追い求めすぎて個性が強かったハンドリングも、3Dにいたってはしなやかで乗りやすく、かつハブセンターステアならではの美点も持つという素晴らしいものに仕上がってる。

それをさらに、磨き上げ、本来の性能の核心を味わえるように、軽量化し、剛性を上げ、スムーズな動作を得られるように、日本が誇るコンストラクターでありbimota Japanを務めるMOTO CORSEがチューニングしたのがMOTO CORSE TESI-3D CR Special Editionだ。

ドゥカティ製の1078cc 90°バンクの空冷Lツインを挟むオメガフレームにはオリジナルのアルマイトを施し、前後スイングアームには粉体塗装が施されている。

エンジンにはピスタルレーシングのハイコンプピストンを組み込みヘッドをチューン。クラッチはSTM製のスリッパークラッチで乾式化。エキゾーストはコルセオリジナルのチタン製。

前後サスペンションはオーリンズ。TESIのアイデンティティでもあるハブセンターステアのトルクロッドはチタニウム6AL4V。

「約900万円とはいえ、100万円ぐらい割引のバーゲン価格なんですよ」とは、ライダースクラブ編集長小川勤の弁。本来の価格は1000万を超えるそうなのだが、今だけの……特別価格なのだそうだ。

今なら、ワンクリックで……!?

ともかく、考えうる最高の構造に、最高のクオリティのパーツを組み込んだ理想のバイクといえるだろう。

そんなバイクを、Amazonでクリックひとつ(正確には登録など種々の手続きが必要だが)で購入できるとは……すごい時代になったものだ。

(出典:『RIDERS CLUB 2017年8月号 No.520』)

村上タクタ

最終更新:7/10(月) 11:20
エイ出版社