ここから本文です

2017年前半戦J1ベストイレブン。Fチャン編集部が選定、Jリーグを代表する11人

7/6(木) 11:10配信

フットボールチャンネル

 7月5日、ACL出場クラブの未消化試合が開催され、2017明治安田生命J1リーグは前半戦の全日程を終了した。今季はどのような選手たちの働きが目立っただろうか。今回は、フットボールチャンネル編集部が選んだ、2017シーズンJ1前半戦のベストイレブンを発表する。

A代表にも選出された柏の守護神

GK:中村航輔(なかむら・こうすけ/柏レイソル)
1995年2月27日生まれ

2017シーズン前半戦:17試合出場17失点

 驚異的な反応速度でどんなシュートも防いでしまう、現在リーグ最強の守護神と言っていいだろう。10戦負けなしと絶好調だったチームの中で、中村が果たした役割をとてつもなく大きかった。

 後半戦は相手も柏をより研究してくるはずで、勢いだけでは勝てなくなるだろう。第17節の鹿島戦では悔やまれる失点があったが、チームと中村は確実に成熟しており、ピンチの中で発揮される集中力もさらに高まっていくはずだ。これからも中村から目が離せない。

柏の守備を支えるセンターバック

DF:中谷進之介(なかたに・しんのすけ/柏レイソル)
1996年3月24日生まれ

2017シーズン前半戦:17試合出場0得点

 GK中村航輔とともに柏の守備を支える若きセンターバック。184cmの高さで制空権を握り、高い技術でビルドアップを先導する。アカデミーから脈々と受け継がれる、柏スタイルとも言えるサッカーを実現する上で、最終ラインから冷静に正しい位置にパスを出せる中谷の能力は欠かせないポイントだ。

 好調のチームの中で課題を抽出し、反省できる循環も好材料。足元もサイズもあるこの21歳は、いずれA代表にも絡んでくるだろう。

常勝軍団・鹿島、守備の要

昌子源(しょうじ・げん/鹿島アントラーズ)
1992年12月11日生まれ

2017シーズン前半戦:17試合出場1得点

 常勝軍団・鹿島を支える守備の要は日進月歩の成長を続けている。シーズン序盤はACLも並行していたため、リーグ戦の成績はかならずしも芳しいものではなかった。クラブは石井正忠監督を解任し、大岩剛コーチを後任に据えた。

 荒療治を乗り越え、チームには危機感が浸透。そこからは連勝を重ね、復活を印象づけている。昌子も主力として抜群の存在感を示し、勝利を支えている。伝統的に堅守が光るクラブにあって、CBのパフォーマンスは優勝への鍵を握る。昌子への期待もそれだけ大きくなる。

1/4ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)