ここから本文です

【もやもや】「私も休んじゃおうかな…」大島優子の芸能活動休止報道に独身アラサーOLから共感の声続々

7/6(木) 17:02配信

Suits-woman.jp

元AKB48で女優の大島優子さんが、ファンイベントで芸能活動の一時休止を発表したことがスポーツ紙で報じらました。

事務所の発表では、CM などの契約はそのままに、1年程度、海外生活を送る予定だとか。言ってみれば長期休暇です。

大島さんは、今年の秋に誕生日を迎えて29歳になる独身アラサー。
30歳を目前にこれまでの人生を見直し、リセットをかけたくなる気持ちは、一般人と同じなんだなぁとつくづく思いました。

私はすっかり忘れていたのですが、AKB総選挙&須藤凛々花さんの結婚宣言後、彼女がSNSに投稿した動画のせいで、仕事も職場での居場所もなくなったんじゃないか、という人もいます。そうなのかもしれません。

一般の会社でも、クライアント先を怒らせて「担当を変えてほしい」と言われたり、失言によって仕事が減るということは、なんとなくイメージできます。
同じ事務所の先輩で発言権もある人から番組で「老害だよね」的なことを言われたりしていましたから、会社でも肩身の狭い思いをしていたのかも。

でも。もしそうだとしても、1年休めるならいいじゃない!と思います。
しかも、会社に籍を置いたままで。そんな環境、つくりたくてもなかなかつくれるものではありません。多くの働く独身OLも、仕事をする同世代の女性としての目線で「いいチャンスだと思う」「私も休めるものなら休みたい」と彼女の立場に羨望の眼差しです。

勤めている間はずっと、休みたくても休めない、退職などしていざ休めるときには、先立つもの(お金)と将来が真っ暗で出かける気になんてなれない、というのがアラサーのリアル。
現状の働きかたを仕事をいったんリセットしたいから結婚したい、という人までいるくらいです。

そして29歳というのは、学生気分で自由なことができる最後のチャンス、と勝手に思ってしまうところもあります。それを逃して1年、また1年と年を働きながら重ねていくと、心にますます枷がかかって身動きがとれなくなってしまうのです。だからこそ、20代最後に何かしたい!という気持ちが30歳直前の働く女性には、ふつふつと湧き上がる。
でも、思っているだけで、実行できない人がほとんどです。

1/2ページ

最終更新:7/6(木) 17:02
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。