ここから本文です

【月刊『WiLL』(8月号)より】それでも増殖する吉田清治の亡霊

7/6(木) 9:00配信 有料

WiLL

メルボルンの言論弾圧

杉田 海外に行くと、いろいろなことがわかってきます。「慰安婦の強制連行などなかった」と言おうものなら、すぐに「歴史修正主義者」のレッテルを貼られるんです。海外では「リビジョニスト」というと、ホロコーストを否定するのと同意義になって、それだけで犯罪者扱い。みんな、どん引きするんですよ。
 安倍総理も、「リビジョニスト」と言われているし、第一次安倍内閣のときは「スーパーウルトラ・ナショナリスト」と紹介されていました。日本国内でフランスのル・ペンが極右と宣伝されているのと同じことを、私たちも、安倍内閣も、海外でされているわけです。
大高 歴史修正主義者、もともとは、マルクス主義用語ですよね。本文:18,584文字 この記事の続きをお読みいただくには、WiLLプレミアム on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    308円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    206円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

杉田水脈(元衆議院議員)・大高未貴(ジャーナリスト)

最終更新:7/6(木) 9:00
WiLL

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WiLL

ワック

2017年10月号
8月26日発売

特別定価800円(税込)

【総力特集】 安倍首相のどこが悪い
【外務省の犯罪】 実名告発 公金にたかる“外交ゾンビ”たち