ここから本文です

日産フェアレディZが走りを熟成! 外観も精悍にリファイン

7/6(木) 14:00配信

WEB CARTOP

 日産のスポーツクーペ・フェアレディZがマイナーチェンジ。エンジン特性の変更と、新型クラッチの採用により走りの質感を高めている。また、新しいボディカラーと新デザインのホイールで、よりスポーティな雰囲気に仕立て上げた。

日産新型フェアレディZ&ニスモZ画像ギャラリー

 パワートレインは、アクセルペダルとスロットルバルブ開度の特性を変更。ハーフスロットル時のトルクアップと高回転時のトルク低下を抑えたことで、従来モデルよりもスムースな加速を実現している。また、新たに高効率クラッチを採用したことで、ペダル踏力を軽減させている。半クラッチ領域の操作感を向上し、乗りやすさも向上した。

 エクステリアデザインは、ヘッドライトとテールランプの輪郭をブラックハウジング化してディテールを強調。加えてアウトサイドドアハンドルやバンパー下部をブラック化して精悍な印象に。スポーツグレードであるバージョンST&Sは、ブラック塗装&切削光輝加工を施した、スタイリッシュな新デザインの鍛造19インチアルミホイールを採用している。

 ボディカラーはカーマインレッドを追加。見る角度によって色彩が変化する、深みのあるカラーだ。 そのほかにも、車内からリヤゲートを開けられるバックドアアウトサイドオープナースイッチを装備。車内からリヤゲートのロックを開けられるようになって利便性が向上した。

 また、SRSカーテンエアバックの展開容量を高めて安全性を大幅に高めたほか、フロントガラスの中間膜に遮音層を挟んで遮音性も向上させている。

 さらにフェアレディZニスモは、転がり抵抗を20%低減した新タイヤを採用し、運動性能はそのままに50km/h時のロードノイズを1db低減させている。

CARトップ編集部 原田貴俊

最終更新:7/6(木) 14:00
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版