ここから本文です

小池さんは“退いた”と見せかけ、実は前に出たのでは? --- 早川 忠孝

7/6(木) 16:43配信

アゴラ

退いたと見せかけて、実は前へ出たのかも知れないぞ、と思っている。

小池さんは、都民ファーストの代表の座は野田氏に譲っても、自分が決めた路線までは譲らないのだと思う。

国政政党・小池新党の設立は必然だし、市区町村長や市区町村議会の候補者擁立のための第二期小池政治塾・希望の塾の開講も予定通り敢行するのだと思う。

昨年の知事選がホップだとすれば、先般の東京都議会議員選挙は第二弾のステップでしかない。
大きくジャーンプ、とやるために今はちょっと身を縮めただけのような気がしてならない。

小池さんは、一昨晩、市長村長選挙に候補者を擁立するようなことを臭わせたようだ。

小池さんが何を考えているのかを読むのが難しいことは昨日のブログ(http://agora-web.jp/archives/2026987-2.html)で書いたとおりなのだが、それでも小池さんの言動から何となく伝わってくるものがある。

小池さんは、自分に対して真正面から対抗してきた人や、自分の足を引っ張ってきた人のことは終生忘れないタイプの人のようだから、まだ小池劇場は幕を閉じていない。

タイミングは十分図るだろうが、一旦やると決めたことはいつかは必ずやる、というところがある。
狙いを付けられた人はさぞ首筋が寒いだろうが、これは仕方のないこと。
昨年小池さんと対立した市長会や区長会の人は、覚悟しておかれることだ。

今の小池さんには対立候補者を擁立するくらいの力はある。

ご自分に対立候補者を擁立する力があることを知りながら、何もしないで黙って見ている、などということはまず考えられない。

国政政党・小池新党も然りである。
世論が自民党に対峙できるような保守新党も待ち望んでおり、自分にはその力があることを知りながら小池さんが何もしないでただじっと黙って見ている、などということは、私には考え難い。
一ケ月後になるか二ケ月後になるか分からないが、必ず小池さんは再び動き出すはずである。

小池劇場には、3幕目も4幕目もある。

当分大団円はない、と思っておかれるくらいで丁度いい。

1/2ページ

最終更新:7/6(木) 16:43
アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム