ここから本文です

ベラ・ハディッドがキャットウォークで最悪の事態を回避

7/6(木) 16:00配信

ハーパーズ バザー・オンライン

ラップドレスはおしゃれだが、見せたくないものまで見えてしまうのではないかと、ビクビクしながら着るという事態になってしまうこともある。

【写真】ベラ・ハディッドがスリットをおさえながら歩いたランウェイの様子

アレクサンドル・ボーティエのクチュールショーのキャットウォークで、ベラ・ハディッドは、このラップドレスに悪戦苦闘した。胸元が大きく開き、深いスリットが入ったフロアレングスの宝石をちりばめたドレスを着たベラ。見た目がセンセーショナルだったのはいいけれど、ドレスのカットのせいで、ベラはウォーキングの間ずっとスリットの上部をつかみ、フロントローに座った人に(そして、ショーの写真を見た人に)中が見えないようにするという、ちょっぴり恥ずかしいランウェイになってしまった。

幸い、なんとか大事な部分を披露せずにすんだベラ。デザイナーに対しても、特に不満をもった様子はなく、インスタグラムにそのドレスを着た写真を投稿した。大胆なドレスが満載だったショーで、ベラはほかにも完全に透けたトップを着用。

嫌な顔ひとつせず、ランウェイを歩ききった彼女に拍手を送りたい。

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年12月号
2017年11月20日発売

定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。