ここから本文です

スペイン、ドイツに続く台頭国は? U-21欧州選手権に見る勢力図

7/6(木) 11:40配信

webスポルティーバ

 6月30日、U-21ヨーロッパ選手権の決勝が行なわれ、ドイツが1-0でスペインを下した。ドイツは2009年大会以来、2度目の優勝である(大会名はU-21だが、これは予選開始時点で21歳以下のためであり、本大会の出場資格は23歳以下。本稿では大会名に合わせて、当該世代をU-21世代と表記する)。

【写真】口を「への字」にして憮然とするクリスティアーノ・ロナウド

 決勝で対戦した両国は近年、この大会で好成績を残している。ドイツは2009年大会優勝の他にも、前回2015年大会でベスト4に進出。スペインは2011年、2013年大会で連覇を果たしている。また、両国はこの世代に限らず、U-19やU-16の年代別ヨーロッパ選手権を制するなど、育成年代で成果が目立つ。

 しかも、ドイツ、スペインともに、ただ「育成年代で強い」だけでなく、育成年代での成果をA代表の成果、すなわちW杯優勝につなげたという点でも共通する。世界的に見ても、(U-21世代を育成年代に含めるかどうかはともかく)本当の意味で育成・強化に成功した”2強”と言っていいだろう。

 優勝したドイツは、同時進行的に開かれていたコンフェデレーションズカップでも、若手主体のチームで優勝。場合によってはU-21代表でプレーしていたかもしれない、1994年以降生まれの選手を9名もコンフェデに送り出してなお、ヨーロッパを制してしまうのだから、層の厚さはさすがだ。

 準優勝のスペインもハイレベルなポゼッションサッカーは健在で、選手個々の能力の高さではドイツ以上だった。”2強”が順当に勝ち上がり、そろって決勝に進出したことは、この2カ国が育成・強化において充実している現状を物語る。

 当然、こうした成功は他の国にも影響を与える。そのひとつに挙げられるのが、イングランドだろう。

 先のU-20W杯で初優勝を遂げたサッカーの母国は、この大会でもグループAを首位通過。準決勝でドイツに2-2からのPK戦(3―4)で敗れはしたが、2強を追う存在であることを印象づけた。

 率直に言えば、今大会のU-21世代には個々の能力においても、チームとしての組織や戦術といった面においても、世界チャンピオンとなったU-20世代ほどのインパクトはなかった。

 それでも、イングランドに起きている”サッカーの変化”は、十分に感じ取ることができた。確実にボールをつないで攻撃を組み立てるなかで、狙いを持った長短のパスを蹴り分けていたGKジョーダン・ピックフォードは、その象徴的な例だろう。

 世界を制した年代が中心となる2年後のこの大会を楽しみにしたいのと同時に、注目すべきは、イングランドもまたスペインやドイツに続き、育成の成果をA代表につなげられるかどうか、である。

 だが残念なことに、その点に関して言えば、イングランドが厄介な問題を抱えているのも確かだろう。というのも、イングランドは自国リーグがあまりに充実してしまっているからだ。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
4月13日発売

定価 本体1,472円+税

フィギュア特集
『羽生結弦 平昌への道』
■ヘルシンキの激闘
■宇野昌磨、本田真凜ほか