ここから本文です

アラフォーのための“正解チーク”の作り方

7/6(木) 19:30配信

集英社ハピプラニュース

どんなメイクとも相性抜群! さりげなく“感じさせる”大人の正解チークの作り方を詳しく紹介

大人のチークの正解を徹底解剖!

40代のチーク、色は?範囲は?広め?下め? 誰でも美人に仕立ててくれる、このチークテクは絶対マスターしておきたい!

■正解チークの作り方

1.ニコッと笑ってくぼむ部分からチークを入れていく

表情の変化でくぼみやすい部分は影が出やすく、老けた印象を与えがち。そこで、チークの血色感でふっくら、イキイキとした印象に。くすみも払拭してくれるので、一石二鳥!

2.大きなブラシでチークをふわり。眉じりくらいで止めるのがポイント!

大きめのブラシにチークをとり、笑った時にくぼむ部分から眉じりまで、ふわっとのせて。こめかみまでのばすと間延びした顔になってしまうので注意。ほうれい線の上までオン

3.眉下にチークをひとはけすれば、優しい表情に

まぶたが下がりやすい大人の目もとは眉と目の間の余白が目立ち、平面的に見えやすいので、眉下全体にチークを入れて立体感を。ここに暖色系の色をのせると、ぐっと優しい印象に

4.頬骨の上にハイライトを!よりチークがなじんでメリハリも

ハイライトは狙ったところにつけられる、平筆のブラシでオン。頬骨の上の位置で、黒目の外側から目じりの延長線にピンポイントでのせて。これでキュッと上がったメリハリ顔に

上から)
●【これを使用!】ナチュラルな輝きで肌になじむハイライト。エクストラ ディメンション スキンフィニッシュ ピーミング ブラッシュ¥4,500/M・A・C

●平筆タイプのブラシは、ひとつ持っていると便利。バーバリー ランウェイ ファンデーションブラシ 04¥6,200/バーバリー
●肌に溶け込みながら上品な血色感を演出。プレスト チークカラー N 08¥5,300/レ・メルヴェイユーズ ラデュレ 
●粉含みがよく、パウダーをふんわり均一につけられる。フェイス ブラシ¥30,000/SUQQU


撮影/向山裕信(vale./人物) 高橋一輝(物)ヘア&メイク/AYA(ラ・ドンナ) モデル/樋場早紀(マリソルビューティ専属) 取材・文/寺田奈巳