ここから本文です

高額年俸を手にしたドンナルンマとの差は? 「18歳時の年俸」でメッシら天才たちと比較

7/6(木) 22:20配信

Football ZONE web

年俸7億5000万円のドンナルンマに対して、18歳時のメッシはスター候補ながら約半額

 ACミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマはミラン退団、移籍が噂されるなか、クラブとの契約延長を果たした。600万ユーロ(約7億5000万円)にも及ぶ高額年俸を18歳にして手にすることとなったが、スペイン紙「マルカ」は現在のサッカー界の天才たちの同時期年俸と比較している。

【全ランキング】スイス調査機関CIESが算出! 「最新推定市場価格トップ110選手」

 まずは先日2021年までの契約を更新したバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシだ。18歳当時からすでにスターティングイレブンに名を連ねており、スーパースター候補としてクラブから期待をかけられていたメッシだが、その時に結んでいた契約は年俸300万ユーロ(約3億2500万円)。ドンナルンマに比べれば約半額でしかない。

 メッシとともに現代サッカーの二大クラックとして君臨するポルトガル代表クリスティアーノ・ロナウドは、18歳の時にマンチェスター・ユナイテッドと契約を結んだ。その時の年俸は200万ポンド(約2億5000万円)。また16歳の頃にエバートンでトップチームデビューを果たしたイングランド代表FWウェイン・ルーニーも、18歳時に結んでいた年俸は170万ユーロ(約2億1000万円)だった。

 現在25歳のブラジル代表FWネイマールはどうか。10代の頃から所属していたサントスでは国内屈指のスーパースターとしての扱いを受けていたが、クラブから与えられていた年俸は150万ドル(約1億6500万円)。ドンナルンマと比べれば大きな差があるのは明らかだ。

 ミランとの契約延長を巡って“マネーゲーム”を繰り広げたというイメージが付いてしまったドンナルンマ。18歳にして莫大な金額を得るビッグネームとなっただけに、ミラニスタが注ぐ視線も自ずと厳しいものとなる。はたしてそのプレッシャーに打ち勝ち、世界最高峰の守護神へと飛躍を遂げられるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/6(木) 22:35
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新