ここから本文です

フィフィ『カリブの海賊』“花嫁オークション削除”に「歴史を封印するな」

7/6(木) 7:00配信

週刊女性PRIME

女性に対する性差別だという声を反映して、米・カリフォルニア州にあるディズニーランドの人気アトラクション「カリブの海賊」から“花嫁オークション”のシーンが削除されることが明らかとなった。このニュースを受けフィフィは、歴史を覆い隠すことが子どもに与えてしまう影響について思うところがあったという。

「大人の感覚で選ばれた、綺麗なものだけを見せられる子どもの不幸」

 このニュースを聞いたとき、私は最初、日本で言われていることだと思ったのね。だけど、実際にはアメリカでの話なんだということを知り、驚きと残念さが入り混じった気持ちになりました。

 たしかにアメリカって、私自身住んでいたときにも感じたけど、色んな摩擦が起きないように、昔から人種や女性に対する扱いには敏感なところがあった。

 今回も、女性に対する性差別だとする声を受け、削除することにしたと言っているけど、私はそれは建前なんじゃないかと思うんだよね。

 むしろ、今回のケースからは“汚い歴史には蓋をしろ”という姿勢を感じます。

 移民を締め出そうとする政策が議論されている今この時期、入植者からはじまる、アメリカの侵略の歴史に蓋をするという今回の行動には、どうしても反発を覚えてしまうんだよね。だってアメリカってそれで出来たわけじゃん。そして、性差別を受けながらも、そのなかから女性たちは自立して今の立場を築き上げてきたわけでしょ。

 たとえ子どもに夢を与える世界であったとしても、子どもには多少刺激が強かったとしても、綺麗なものだけを見せるという姿勢ではダメだと思う。汚い歴史であったとしても、きちんと子どもの目にも晒すことは必要なんじゃないかな。それは子どもにとっても、教訓を学ぶきっかけにもなるわけ。

 たとえば日本だと、「はだしのゲン」がそうですよね。歴史観はいろいろ議論されている作品ですが、私自身、如何に戦争が残酷なものであるかということは、あの漫画を読んではじめて知りました。学ぶべき教訓を得るためには、人間の残酷さを示すことも時として必要なんだと思う。

 もちろん、そのとき子どもの心は純粋に傷つくかもしれない。だけど、それよりも、知らされないことの方がよっぽどショックですからね。

 知ったうえで、自分はどうやって生きていかなければいけないか、子どもなりにそれぞれが考えるはず。大人の感覚で、勝手に綺麗なものを選んで、それだけを見せていくということは、子どもにとって不幸なことだと思います。

1/2ページ

最終更新:7/6(木) 7:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」8月15日号
/ 毎週火曜日発売

定価390円(税込)