ここから本文です

「デビュー32年目、ちょうど50歳に」渡辺美里が歌い続ける理由

7/6(木) 18:00配信

週刊女性PRIME

 女性ソロシンガー初のスタジアムライブを20年も続けるなど、日本を代表するボーカリストとして走り続ける渡辺美里。3年ぶりに発売するニューシングルのこと、カップリングのあの名曲について、そして、50歳という年齢まで32年間1度も止まることなく歌い続けている理由も聞いてみた。

【この記事のすべての写真を見る】

  ◇   ◇   ◇  

「道で偶然会った初対面の方から突然“『My Revolution』が私の十八番なんです!”って伝えられて、“ぜひ、引き続き歌ってくださいね”ってお返事することがよくあります(笑)」

 渡辺美里の代表作のひとつで、時代を超えて愛され続ける名曲『My Revolution』(’86年)。

「私にとっても特別な曲です。多くのみなさんに私を知っていただくきっかけになった作品だとも思いますので。とても生命力のある曲なんですが、だからといって、歌詞で直接“元気を出していこう!”と歌っている曲じゃないんですよ。なのに、なぜか“元気になる”と言っていただけるのは、メロディーとアレンジと歌詞と、歌声も含めてかもしれないですが、この4つの要素が足し算じゃなくて、掛け算になったことで、時間を超え、たくさんの方に届いているんだと思います」

 7月5日、3年ぶりにリリースしたニューシングル『ボクはここに』のカップリングとして、この名曲『My Revolution』のめざましクラシックスver.が収録されている。

「今回、カップリングに入れさせていただいたのは、アレンジをしてくださった大村雅朗さんが亡くなって、ちょうど20年がたつからなんです。

 大村さんのエネルギーが、この曲に息づいていて、リリースされてから30数年“いまも、こんなにみなさんが大好きでいてくれているよ”って、伝えたいなという自分の中でのメッセージがある。

 この曲を小室哲哉さんが作曲してくださったことは、みなさんよくご存じだと思うんですけど、アレンジがあってこその曲だと、小室さんも思っていると思います。今回、新たに世に出すことで、“美里ちゃん、いまもそうやって大事に歌ってくれているんだね”って、大村さんが見てくれているような気がしますね」

1/3ページ

最終更新:7/6(木) 18:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」9月5日号 /
毎週火曜日発売

定価390円(税込)