ここから本文です

YouTubeで20億再生突破の音楽ビデオ12本 T・スウィフトが2作品

7/6(木) 11:00配信

Forbes JAPAN

先日、米歌手メーガン・トレイナーの音楽ビデオ「オール・アバウト・ザット・ベース~わたしのぽちゃティブ宣言!(All About That Bass)」がユーチューブで再生回数20億を突破し、世界で最も再生された音楽ビデオの仲間入りを果たした。



この膨大な再生回数は、何度でも見たくなるような魅力的なビデオであることを証明している。また、この数字は現代の音楽業界にとっていかにユーチューブが重要な存在であるかをも示している。

20億回の再生が全て異なるユーザーから集まったとは考えにくい。一つの楽曲のオーディエンスが、数千万~1億人を上回る規模になっていることが考えられる。世界中のあらゆる国で視聴され、数十億という記録を達成した事実は、ユーチューブが真にグローバルなサービスであることを示している。

「江南スタイル」は28億再生を突破

現状で再生回数が世界最大の音楽ビデオは韓国のPsy(サイ)の「江南スタイル」だ。現在の再生回数は28億8000回を突破。時には1日100万回超のクリック数を稼ぐこともある。再生回数30億の快挙も見えてきた。

20億再生突破のリストには、他にはウィズ・カリファやジャスティン・ビーバー、テイラー・スウィフト、ケイティ・ペリー、マルーン5などのスーパースターが名を連ねる。2つ以上のビデオで20億再生を突破したのはテイラー・スウィフトのみで「シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!(Shake It Off) 」と「Blank Space」の2曲だ。

次はどのビデオが20億回再生を達成するだろうか? 現時点ではアデルの「Hello」が数日以内に達成しそうだ。(編集部注: アデルの「Hello」は7月6日時点で20億1000万回を突破したことが確認された)

7月4日(米国時間)現在、ユーチューブでの再生回数が20億を超える音楽ビデオは次の通り。

PSY「江南スタイル(Gangnam Style)」

ウィズ・カリファ「See You Again(feat. チャーリー・プース)」

ジャスティン・ビーバー「Sorry」

マーク・ロンソン「Uptown Funk(feat. ブルーノ・マーズ)」

ルイス・フォンシ&ダディー・ヤンキー「Despacito」

テイラー・スウィフト「シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!(Shake It Off) 」

エンリケ・イグレシアス「Bailando(feat. Descemer Bueno&Gente De Zona)」

マルーン5「Sugar」

ケイティ・ペリー「ロアー~最強ガール宣言!(Roar)」

テイラー・スウィフト「Blank Space」

メジャー・レイザー「Lean On(feat. DJ Snake&MØ)」

メーガン・トレイナー「オール・アバウト・ザット・ベース~わたしのぽちゃティブ宣言!(All About That Bass)」

Hugh McIntyre

最終更新:7/6(木) 11:00
Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN
2018年1月号

株式会社アトミックスメディア

2018年1月号
11月25日(土)発売

890円(税込)

成功のヒントはフォーブスにあり!
Forbes JAPAN 無料会員に登録すると、すべての記事が読み放題。MY PAGEで記事の保存や閲覧履歴チェック、限定プレゼントへの応募も可能に。