ここから本文です

浦和、ミシャ監督への支持を表明。バス囲みの抗議から…「もう一度タイトル争いに」

7/6(木) 10:33配信

フットボールチャンネル

 J1の浦和レッズは6日、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督に対する支持をクラブ公式サイトで表明した。

 浦和はJ1第14節の柏レイソル戦に敗れると、ジュビロ磐田戦、サガン鳥栖戦にも敗れてリーグ3連敗。第17節のサンフレッチェ広島戦には打ち合いの末に4-3で勝利するも、1日に行われた第13節延期分の川崎フロンターレ戦で1-4の大敗を喫した。

 年間最多勝ち点を獲得した昨季は1年間でリーグ戦6敗だった浦和だが、今季は17試合を消化してすでに7敗目。川崎F戦後には、アウェイの等々力競技場まで駆け付けたサポーターが試合後にチームバスを囲み、“ミシャ”の愛称で知られるペトロヴィッチ監督に強く抗議する場面も見られた。

 公式声明では、「チームは、3連敗の後、サンフレッチェ広島に勝利したものの、川崎フロンターレとの対戦で敗れ、苦しい状況となっております。みなさまにも悔しく、悲しい思いをさせてしまい、申しわけありませんが、ぶれずに継続し、目の前の1試合を大切に戦って参ります」とサポーターに理解を求めた。

 また、批判が集まるペトロヴィッチ監督に対する支持を表明し、再びリーグ優勝争いに加わることを誓っている。

「そして、これまでどおり、ミシャ監督を支え、選手、スタッフと共にもう一度、タイトル争いに食い込んでいけるよう、全力をつくしますので、ファン・サポーターのみなさまにおかれましても、引き続き、サポートのほど、よろしくお願いいたします」

 川崎F戦後、浦和レッズの山道守彦氏強化部長はペトロヴィッチ監督の解任を否定しつつも、「未来のことは分からない」と述べていた。浦和は9日にホームで最下位のアルビレックス新潟と対戦する。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)