ここから本文です

ストッキングが苦手な“嫌スト女子”の叫び「生足より生々しいのがイヤ!タイツがいい!」

7/6(木) 15:50配信

女子SPA!

<みきーるの女子マインド学>

 7月に入り、「さすがに限界かなぁ」と悩んでいる人たちがいます。それは、ストッキングが大嫌いな“嫌スト女子”のみなさん。

 ストッキングは女子の装いのパートナー、むしろ肌の一部のように思われがちですが、実は「ストッキングって死ぬほどキライ!」な女子って多いのです。何をかくそう、私もそうでした。

 今回は、男性にはピンとこない、嫌スト女子の叫びをお送りします。

◆生足より生々しいのがイヤ!

「とにかく、肌に張りつく感触がイヤ! ガサツだからすぐ伝線させちゃうし、おろしたてをすぐダメにしたときの敗北感とかハンパない。それに、ヘタすると生足より生々しく見えて気持ち悪い」(美菜さん・30歳)

◆職場のミッキーで通してきたけれど……

「脚の質感がむき出しになるから、ストッキングは苦手。だから、ずーっと黒タイツで過ごしてきました。みんなには、“いつも黒タイツでミッキーマウスみたい”なんて言われましたけど、オフィスはけっこう冷房がきついし、問題なかったんです。

 それが、新しい上司に“夏の身だしなみとして、どうなのか”と言われてゲンナリです」(佐恵子さん・38歳)

◆“なんちゃって肌感”が不快

「フィギュアスケートの選手が肌感を演出するために着る、肌色のファンデーションがあるじゃないですか。ストッキングって、あれっぽい“なんちゃって肌感”がたまらなくいやなんです。なんでシロウトがああいうのはかないといけないの?」(さやかさん・43歳)

◆せめてレギンスを返して

「着心地はもちろん、“女”を押しつけられてる感じがして、ストッキングはキライです。しばらくはレギンスで通したけど、もうファッションとして終わってると言われるし、本当につらい。生足のほうがマシだけど、それはそれでダメなんでしょ?」(塔子さん・40歳)

◆薄膜を一枚張ることで、“女”を上乗せしている感じ

 たしかに、タイツは女の脚の生々しさをすっぽり包んでくれるもの。色も黒や紺なら、男性の情欲をかきたてそうにありません。

 これに対しストッキングは、薄膜を一枚張ることで、“女”を上乗せしている感じ。どこかエロティックなもので「肌を被(おお)え」と求められるのが、いやな女性も多いのだろうと思います。

 生足だとたしなみがない、タイツだと暑苦しい、年齢的にソックスは無理となると、女の夏足は、どこへ行けばいいのでしょう?

◆脚のむくみの多くは“水分の摂りすぎ”が原因

 タイツからストッキングに切り替えなくてはならないと、冷えやむくみも気になります。『まず、脚からやせる技術』の著者・福辻鋭記さん(アスカ鍼灸治療院院長)によると、「女性の脚のむくみの多くは“水分の摂りすぎ”が原因」とのこと。

「猛暑のなかの移動などがない場合は、食事といっしょに摂るお茶や水に、コップ2~3杯の水分を加えればじゅうぶん」だとか。

 水分対策やマッサージで脚をケアしつつ、早く秋風が吹くのを待つ……。嫌スト女子のみなさんは、ロンスカやパンツなども差し込みつつ、なんとか夏を乗り切っていきましょう。

<TEXT/みきーる>

【みきーる】著書に『ジャニヲタあるある』(アスペクト)、『ジャニ活を100倍楽しむ本!』(青春出版社)他。Twitterアカウント:@mikiru 公式ブログ:『ジャニヲタ刑事!』

女子SPA!

最終更新:7/6(木) 15:50
女子SPA!