ここから本文です

「ポケモンGO」1周年 あのブームは今どうなった?

7/6(木) 7:00配信

日経トレンディネット

 「ポケモンGO」は7月6日にリリース1周年を迎える。あの大ヒットアプリは、1年たってどうなっているのか。今後、他のスマホゲームに対抗できるのか。ポケモンGOについての著書があるITジャーナリストの西田宗千佳氏が分析した。

【関連画像】アップルのApp Storeにおける、ポケモンGOの1年間でのダウンロード数順位の推移(図1、日本が青線、米国が茶色線)。次第に落ちているが、時折大きく持ち直している

 ポケモンGOがサービスを開始して、そろそろ1年になろうとしている。当初は熱狂的に受け入れられたものの、いまやブームも去り……と思っている人が多いのではないだろうか。

 確かに熱狂的なブーム的は去ったものの、後述する数字から見る限り、ポケモンGOはいまだ大きなビジネスである。1年を経たポケモンGOを他のスマホゲームアプリと比較しながら、「結局どんなアプリだったのか」を考えてみたい。

今どのぐらい遊ばれている?

 ポケモンGOは、今どのくらい遊ばれているのだろうか?

 ひとつの指針は、アプリのダウンロード数と売り上げのランキングだ。ここでは、アプリマーケティング情報の調査会社であるApp Annieのデータを使って検証してみよう(以下、iOS向けのストアであるApp Storeの結果を集計したものを例示している)。

 日本(青)と米国(茶色)でのダウンロードランキングとセールスランキングは図1・2のような感じだ。ブームが落ち着くと同時に減っている印象である。

 App Annieの調べでは、2016年でもっとも月間アクティブユーザー数を集めたゲームはポケモンGOだった。ここで、第3位にランキングしている世界的なヒットゲーム「クラッシュ・オブ・クラン」の米国でのデータを見てみよう。ポケモンGOの初期ブームが去るとセールスは持ち直し、時々トップに来るものの、ポケモンGOほど上位にいるわけではない。

●「モンスト」と比べると?

 では日本のアプリだとどうなるか? 「モンスターストライク」を例にとると、その状況は、かなり海外と異なっているのが見えてくる。売り上げでいえば圧倒的だ。ポケモンGOより上で、1位に張り付きっぱなしである。

 一方、ダウンロード数は「1位独占」ではない。このことは、日本のトップスマホゲームの収益性が、他国のそれに比べ恐ろしく高いことを示している。

 そもそも、アプリのダウンロードやセールスのトップランキングに「ずっといつづける」ことは非常に特別なことだ。

 スマホアプリ業界では「アプリの公開から90日が経過すると、9割がアンインストールされる」と言われている。それを超えて使われるアプリは収益が安定していくが、より重要なのは、アプリを新たに使い始める「新規ユーザー」を獲得するために、継続的なマーケティングを行うことである。

 テレビやネットでスマホゲーム・アプリの広告を見ることが多いのは、広告による新規ユーザー獲得が、それだけ重要な要素になっているからだ。

1/4ページ