ここから本文です

小栗旬、12年前“花沢類”時代が「スイート期」 役柄と自身のギャップ吐露「僕は基本的に地味」

7/7(金) 12:21配信

エンタメOVO

 映画『君の膵臓をたべたい』完成披露舞台あいさつが6日、東京都内で行われ、出演者の浜辺美波、北村匠海、北川景子、小栗旬と月川翔監督が出席した。

 本作は、重い膵臓の病を患うヒロイン・桜良(浜辺)と、病気のことを唯一知ることになるクラスメイトの“僕”(北村)の青春物語を描いた、住野よる氏による同名ベストセラー小説が原作。映画では原作で描かれた過去と、その12年後の現在の2つの時間軸を行き来して物語が進んでいく。

 ダブル主演した浜辺と北村の演技について北川は「すてきな若い2人が一生懸命頑張った作品。みずみずしくて生きることの素晴らしさ、今という時間を過ごすことの重要さを自然な演技で伝えてくれる」と絶賛。小栗も「素晴らしかった。自分が出ている映画を試写室に見に行ってこんなに泣いてしまったのは初めてだった。心が洗われる感じでした」と振り返った。

 現在パートで教師となった“僕”を演じた小栗は「匠海くんは右利きで僕は左利きなので、右手で黒板に(文字を)書くのが去年一番大変だったこと」と苦笑。さらに、司会者から「近年のイメージにない地味な役」とコメントされると、「僕は基本的に地味。20代前半の頃までは繊細な役の方が多かった。強い人やヒーローをやらされることが増えてきたけど、こうじゃないのになと思いながら過ごしている時もありました」と本音をのぞかせた。

 まさしく本作の撮影後には主演作『銀魂』の撮影も控えていたそうで「そのあとすごく戦わなければいけない人の役が待っていて、体を鍛え始めている最中だった。シャツ1枚になると“僕”の体じゃないからシャツ姿にはならないでと言われていました」と明かし、笑いを誘った小栗。12年前に『花より男子』で花沢類を演じていた頃の写真を「小栗旬のスイート期です」と紹介していた。

 映画は7月28日から全国ロードショー。

最終更新:7/7(金) 12:29
エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!