ここから本文です

七夕の短冊の色には、実は意味がある

7/7(金) 12:00配信

BEST TIMES

◆「五色の短冊」の由来は中国の陰陽五行思想にある

  7月7日の七夕が近づくと、短冊などで飾られた笹を見られるようになる。織姫と彦星が年に一度だけ会えるというロマンチックな伝説が残されているが、その起源を中国の乞巧奠(きこうでん)とする説があるのをご存じだろうか。

 乞巧奠とは、機織りや裁縫の上達を願う行事である。祭壇に糸や針などを供えるもので、日本でも奈良時代ごろから見られた。後に芸事など、ほかの願い事もされるようになり、現在のような形になったとされる。

 平安時代にはまだ宮中行事として行われており、梶という木の葉を短冊として用いていた。これに和歌をしたためていたというから、なんとも風流ではないか。

 江戸時代になると庶民のあいだにも七夕が広がるようになる。童謡『たなばたさま』の歌詞にも登場する「五色の短冊」は、このころには存在していたようだ。この五色の短冊は赤・緑(または青)・黄・白・黒(または紫)で構成され、中国の陰陽五行の考えが用いられている。

 この五色には、仁・礼・信・義・智という「五徳(五常)」の意味が込められている。赤は「礼」を表し、その文字の通り感謝を示している。緑(または青)は「仁」であり、人を思いやる気持ちのこと、黄は「信」で信頼や寛容、白は「義」で規律や正義、黒(または紫)は「智」となり、知性や学力の向上などを表しているという。

 こうした意味を踏まえたうえで、願い事に合わせて短冊の色を選びたい。

◆「家内安全」を願うなら何色の短冊を選ぶべき? 

 たとえば、人間的な成長を求めるなら緑、家族に感謝して家内安全を願うなら赤、人間関係の悩みは黄、禁煙・禁酒は白、資格取得を目指すなら黒、といった具合だ。これを芋の葉にたまった朝露ですった墨を使って短冊に記すのが古来のやり方である。

 笹の葉に飾る七夕飾りにも、それぞれ意味が込められている。吹き流しや紙衣は、裁縫の上達という、祭り本来の願いが込められている。網や貝殻のような飾りは豊漁、千羽鶴は長寿などはわかりやすいが、ほかにもユニークなものが多い。

  たとえば、巾着は金運アップを表すが、収入を得るというよりは、しっかりとひもを締めて節約しようという意味合いのほうが強いようだ。籠状の飾りは「屑籠」といい、飾りを作った後のゴミを入れていた。これが転じて、整理整頓やものを大切にするという願いが込められるようになったとされる。

 もとは裁縫などに関する祭りであったが、時代とともに変化しているようだ。その時々の庶民の願いが反映されているのだろう。そう考えれば、キャラクターなどのユニークな飾りが登場するのは決しておかしなことではない。今年はどのような飾りがみられるか楽しみである。

文/OFFICE SANGA

記事提供社からのご案内(外部サイト)

出版社ベストセラーズの編集者が作る「感情を揺さぶる」情報マガジン「BEST TIMESベストタイムズ」。