ここから本文です

伝説のアニメ『エウレカセブン』新劇場版、主題歌は尾崎豊の息子

7/7(金) 11:00配信

KAI-YOU.net

劇場版3部作の第1弾として2017年9月16日(土)に公開される『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』。その新予告編とポスタービジュアル、主題歌情報が明らかになった。

【伝説のアニメ『エウレカセブン』場面写】

新予告編でも使われている主題歌は、故・尾崎豊さんを父に持つシンガーソングライター・尾崎裕哉さんが、いしわたり淳治さんや蔦谷好位置さんとともに書き下ろした楽曲「Glory Days」。

情報解禁に合わせて、尾崎さんと本作の総監督である京田知己さんから、楽曲についてのコメントも届いている。

カギを握るアドロック・サーストンの言葉も

ロボットや母艦の激しい戦いから、少年レントンの成長までを丁寧に描いた『交響詩篇エウレカセブン』。その後、劇場版のヒットや続編の放送、2017年3月には劇場3部作での再始動が発表されている。

レントンのモノローグから始まる予告編は、各キャラクターのせりふや本編映像など、これまでに公開されていた特報から大幅にアップデートされている。

物語のカギを握るレントンの父、アドロック・サーストンによる「ねだるな、勝ち取れ」に続いて聞こえるのは、「さすれば与えられん」というレントンの言葉。

さらにはホランドの絶叫、タルホやレイの戸惑い、アドロックやレントンが何かに決意する様子がうかがえる。

TVシリーズで語られなかった人類最大の大災害、通称「サマー・オブ・ラブ」から世界を守るために戦い、犠牲となった英雄アドロック。そんな父への思いや葛藤を経て、彼の歩いてきた戦いの世界へ身を投じていくレントン――という本作の物語に迫る内容だ。

自身の境遇との共通点を感じながら生まれた主題歌

自身初の映画主題歌として尾崎裕哉さんが歌う「Glory Days」は、作詞は元SUPERCARのいしわたり淳治さん、作曲は数々のアーティストへの楽曲提供やプロデュースで知られる蔦谷好位置さんがそれぞれ担当。

尾崎さんは楽曲制作にあたって、自身とレントンの境遇に共通点を感じつつ、「反発しながらも、根本には寂しいという気持ち、『やっぱり父親に会いたい』という気持ちはお互いすごくあったわけで、そこの部分を想像していました」とコメント。

一方で、本作の総監督である京田さんによれば、打ち合わせ中にたまたま流れてきた尾崎さんの「サムデイ・スマイル」を聞いた瞬間、「そこにいた全員に『ああ、今度の映画の最後を飾るのは、この人の曲だ』という空気が流れた」という。

1/2ページ

最終更新:7/7(金) 11:00
KAI-YOU.net