ここから本文です

インスタグラム収益化、女性サイト「バッスル」の成功事例

7/7(金) 8:10配信

DIGIDAY[日本版]

広告主の多くがSnapchat(スナップチャット)よりもインスタグラムを選ぶいま、ミレニアル世代の女性をターゲットとするWebサイト「バッスル(Bustle)」もインスタグラムに希望を託し、広告主の獲得に役立つことを期待している。

インスタグラムを担当するスタッフの数を増やすことにより、バッスルは過去1年間で同プラットフォームのフォロワー数を130万人ほど上乗せし、その総数を160万人に伸ばした。売上高こそ明らかにされなかったが、担当者によると現在、同社が1カ月間に行うブランデッドコンテンツの契約件数は、1年前と比べて4倍に増えているという。

バッスルでソーシャル部門の副編集長を務めるヘイリー・ソルツマン氏は「大幅な方針転換で、ごくわずかな時間しか割いていなかったインスタグラムに、専任スタッフを割り当てるまでになった」と語る。

インスタグラム特化型マーケティングプラットフォーム「ダッシュ・ハドソン(Dash Hudson)」によれば、昨年同時期のバッスルのフォロワー数は25万8000人で、1週間に1万3000人の新規フォロワーを獲得していた。それに対して今年4月の週間獲得フォロワー数は、2万2000人になっているという。

インスタが頼みの綱

1年前、バッスルにはソーシャルメディア担当の編集者がひとりしかおらず、インスタグラムに割り当てられたのは、その編集者の作業時間のおよそ20%だった。それがいまやバッスルは、作業時間の少なくとも20%をインスタグラムに費やすソーシャルエディターが3名と、インスタグラム専任の編集者1名を抱えている。そのほかにも、インスタグラムに重点的に取り組むデザイナーも迎え入れた。また、インスタグラムのためだけの会議も開かれており、デザイン担当とエディトリアル担当のスタッフ約10名が毎週1時間、打ち合わせを行っている。

膨大なフォロワー数というと聞こえは良いが、マネタイズできないのであれば、その数字はパブリッシャーにとって大した意味をもつものではない。一部の例外はあるにせよ、概してパブリッシャーはインスタグラムなどのソーシャルプラットフォームから収益をあげることに悪戦苦闘してきた。

ミレニアル世代向けのニュースサイト「マイク(Mic)」など、一部のパブリッシャーはインスタグラムに大規模な投資を行っている。それは、垂涎の的であるSnapchat「ディスカバー(Discover)」チャンネルをもたないほかの企業と同じく、インスタグラムはブランドを若者たちの目に触れさせるための常套手段だからだ。ディスカバーチャンネルをもっていないバッスルもまた、同様の理由からインスタグラムを頼みの綱としている。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

DIGIDAY[日本版]

株式会社メディアジーン

デジタルマーケティング戦略情報に特化した
USブログメディア「DIGIDAY」の日本版。
国内外の最新情報を独自視点でお届けします。