ここから本文です

無所属の本田が米クラブの練習に電撃参加! 現地メディア「MLSのクラブが興味」

7/7(金) 8:15配信

Football ZONE web

クラブ公式ツイッターが本田の写真投稿 「世界的に有名なスーパースター」と歓迎

 昨季限りでACミランと契約満了となった日本代表MF本田圭佑は現在無所属の状態となっているなか、米メジャーリーグサッカー(MLS)の下部に属するユナイテッドサッカーリーグ(USL)のオレンジカウンティSCの練習に参加。クラブ公式ツイッターでは「世界的に有名なスーパースターのケイスケ・ホンダを練習に迎え入れることができて嬉しく思う」と歓迎し、クラブマフラーを首から提げ笑顔を見せる本田の写真も投稿した。

【写真】本田が練習に電撃参加! クラブマフラーを首から提げ笑顔

 本田は6月30日に3年半を過ごしたミランとの契約が満了となり、プロ人生で初めて無所属選手となっている。トルコ行きも噂されるなかでの練習参加となったが、オレンジカウンティを率いるローガン・パウーズ監督は本田の電撃参加を喜び、「ワールドクラスの選手と練習する機会なんて毎日あるものじゃない。高いレベルでプレーした選手を直に見る素晴らしい機会」とチームに好影響を与えたと話す。

 また、クラブ公式サイトの記事では「イタリアの巨人ACミランを離れ、オレンジカウンティの練習に参加し、フィットネスプログラムを行いながら、アメリカで機会を探している」と伝え、トレーニングしながら米国内で移籍先を探しているとしている。

 2月には本田の米MLS移籍話が急浮上し、強豪シアトル・サウンダースが候補として挙がっていたが、最終的に話は進展を見せなかった。しかし、MLS行きは早くから選択肢として挙がっており、それは今も変わらないようだ。

米メディアはMLS移籍の可能性示唆

 今回の練習参加がMLS移籍の布石か本田自身が明言を避けているが、米スポーツ専門テレビ局「ESPN」は「MLS移籍に向けたオレンジカウンティ練習参加」としており、「フリーエージェントの本田には、米MLSのいくつかのクラブが興味を示している」と移籍の可能性を示唆した。

 また、オレンジカウンティはカリフォルニア州アーバインを本拠地とするクラブとあって、「彼の存在はLAギャラクシーやロサンゼルスFC移籍という推測につながった」と同州のクラブが候補として浮かんだとしている。シアトル・サウンダースにしても、オレンジカウンティと同じく西海岸のワシントン州シアトルをホームタウンとしており、新たな動きがあっても不思議はなさそうだ。

 米国内で移籍先を探しているとも伝えられる本田だが、来年のロシア・ワールドカップを見据えてどのような決断を下すのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/7(金) 8:15
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新