ここから本文です

吉永小百合“お姫様抱っこ”に「抱えていただいて幸せ」

7/7(金) 11:00配信

女性自身

「いっぱい楽しんで、幸せ感を出さなければと思って、大切に演じています」

そう話すのは、女優・吉永小百合(72)。自身の映画出演120作目となる主演作品『北の桜守』('18年3月10日公開)の撮影現場。『北の桜守』では、終戦直後に故郷の樺太をソ連の侵攻で奪われた女性とその息子たちが、激動の戦中・戦後を生き抜く姿が描かれる。

この日は本作で唯一といってもいい“幸せなシーン”とあって、吉永は撮影中も待ち時間も幸福感あふれる和やかな表情。夫役を演じる阿部寛(53)に“お姫様抱っこ”される場面では、軽々と抱き上げられていた。

「阿部さんに抱えていただいて幸せです」(吉永・以下同)

撮影地の北海道は、自身で「北海道オタク」と語るほど、好きな土地。『北の零年』('05年)、『北のカナリアたち』('12年)などを撮影したなじみ深さもある。

「日活時代の15歳のころ、撮影のために、初めて飛行機に乗ってやって来たのが北海道。そのころはホームシックで泣いていましたけどね(笑)」

最終更新:7/7(金) 11:00
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2782号・7月11日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

ベンガル 妻が認めた朝加真由美との不倫
大地真央 夫が認めた結婚10年目の別居生活
松居一代 船越英一郎が怯えたGPS24時間監視