ここから本文です

谷間の世代を埋められるか…3年後の「2020年の巨人軍」を考える【死亡遊戯コラム】

7/7(金) 11:45配信

ベースボールチャンネル

 今シーズンも折り返そうとしているが、読売ジャイアンツは6日試合終了時点でセ・リーグトップと15ゲーム差の5位。昨今の巨人を見ていると“先”を見据えたチーム作りをしているとは言い難い構成となっている。そこで、東京で五輪が開催される3年後の2020年にはどんなチームになっているのかを考えていきたい。

イチローが歴代最多記録更新。トップ5は誰? MLB米国外出身選手安打数

■90年組も30代に突入

 首位広島と15ゲーム差。3位DeNAとも6ゲーム差。

 それが今のリーグ5位に沈む巨人の現在地だ。現実的に見て、残り67試合はクライマックスシリーズの出場権を得るためにAクラス狙いの戦いになっていくだろう。

 V3時代を支えたベテラン陣が衰え、チームとしてひとつのサイクルが終わった感のある2017年の由伸ジャイアンツ。ここからどのようにチームを立て直していくのか? 今回は現在のチーム編成を正確に捉える意味も込めて、近未来の「2020年の巨人軍」をテーマに、3年後のメンバー構成を考えてみよう。

巨人2020年予想布陣・野手
捕手 小林誠司(31)
一塁 ?
二塁 吉川尚輝(25)
三塁 岡本和真(24)
遊撃 坂本勇人(32)
右翼 長野久義(36)
中堅 ?
左翼 陽岱鋼 (33)

控え
亀井善行(38)中井大介(31)橋本到(30)立岡宗一郎(30)重信慎之介(27)石川慎吾(27)山本泰寛(27)辻東倫(26)
※()内は2020年の満年齢

 3年後、長年チームを支えた阿部慎之助は41歳、村田修一も40歳とともに不惑の40代に突入し、現役生活を終えている(もしくはレギュラーではなく控え野手の)可能性が高いだろう。

 チームの中心は間違いなくキャプテンの坂本勇人だ。現在1494安打。昨季は年間168安打を記録し、順調に行けば31歳での2000安打達成も現実味を帯びてくる。ちなみにNPB最年少2000安打記録は榎本喜八の31歳7カ月、同2位は張本勲の32歳2カ月。88年12月生まれの坂本がレジェンドたちにどこまで迫れるかも注目である。

 正捕手は31歳と年齢的にはピークを迎えているであろう小林誠司。今季も打率1割台とできれば打力のある捕手と併用したいところだが、現在のチームの第2捕手は実松一成や相川亮二らのベテラン勢。3年後には27歳になっている宇佐見真吾がどこまで小林と競えるか注目したいところだ。

 二塁手はドラ1ルーキー吉川尚輝と2年目のガッツマン山本泰寛の争いか。長年固定できていないポジションだが、20年には吉川尚は働き盛りの25歳、坂本との華のある二遊間を期待したい。

 さて問題は一塁と三塁である。今季は阿部、村田、ケーシー・マギーの3人のベテランで回すこのポジション。3年後、24歳の岡本和真に外野ではなく三塁を守らせ、一塁は今ドラフトで清宮幸太郎(早実)を抽選で引き当てられたら申し分ないが、現実的には外国人選手で補うことになりそうだ。こうして見ると岡本以外に長距離砲タイプのプロスペクトが皆無なので、是が非でも1軍の戦力として定着させたい。

 外野陣は、長野や陽の守備力が年々衰えており、3年後はそれぞれセンターではなくライトとレフトというのが現実的だろう。橋本到や立岡宗一郎の90年組も早いもので30代を迎えている近未来。俊足が武器の重信慎之介も含め、彼ら3名の誰かにセンターを任せられるか? というのが編成の鍵を握ってくるはずだ。

 しかしチーム年齢分布で10代と20代前半の外野手が極端に少ないのが気にかかる。それぞれ下半身に故障歴がある長野や陽に何かアクシデントがあった時のことを考えると、3年後に27歳の石川慎吾は貴重なバックアッパーとして重宝されそうだ。


■3年後の投手陣は…

巨人2020年予想布陣・投手
【先発】菅野智之(31)田口麗斗(25)山口俊(33)吉川光夫(32)桜井俊貴(27)畠世周(26)今村信貴(26)
【中継ぎ】宮國椋丞(28)戸根千明(28)谷岡竜平(24)中川皓太(26)池田駿(28)篠原慎平(30)高木勇人(31)田原誠次(31)森福允彦(34)
【抑え候補】カミネロ(33)澤村拓一(32)西村健太朗(35)リャオ(27)

 もちろん3年後も現在セ勝利数トップの菅野と防御率トップの田口の左右の二本柱が中心になっていくはずだ。しかし、将来的なメジャー復帰希望を明かしているスコット・マシソンとマイルズ・マイコラスを抜きに編成を考えると、なかなか厳しい陣容である。2020年は杉内俊哉、内海哲也、大竹寛、山口鉄也といったV3時代の主力も30代後半から40代を迎えており、多くを求めるのは酷だろう。

 先発陣は山口俊や吉川光夫の復活や、近年のドラフト上位コンビの桜井や畠がどこまで成長できるか…という現時点では計算できない不確定要素も多い。こうして見るとまだ28歳で2ケタ勝利を望めるマイコラスには、阪神のランディ・メッセンジャーのように息の長い助っ人投手としてなんとか巨人のユニフォームを着続けてもらいたいところだ。もちろんその将来性を高く評価される、まだ10代の與那原大剛や高田萌生の未来にも期待したい。

 中継ぎ、抑えのブルペン陣はマシソンと山口鉄也という最強セットアッパーコンビがいた時代からすると寂しい顔触れだが、現状では澤村拓一の復活待ちといったところか。しかし澤村は右肩に不安があり、連投を回避するため復帰後は先発再転向の可能性も捨てきれない。現在伸び悩んでいる宮國、戸根、今村らも3年後には20代後半。そろそろ一本立ちが望まれる。

 未来の巨人はこれから野手は坂本、投手は菅野と田口が次代のチームの土台になっていくだろう。問題はその次の世代だ。特に野手では、90年代生まれ以降が谷間の世代化している感は否めない。

 数年前、阿部から坂本へキャプテンの座を継承したように、2020年に坂本から主役の座を奪うようなチームの柱となれる若手選手は出現するのか?

 そして、果たしてその時、巨人の監督として指揮を執っているのは誰だろうか…。


中溝康隆

ベースボールチャンネル編集部