ここから本文です

有力差し馬が揃うダート戦・プロキオンSこそ「先行馬」で一攫千金だ

7/7(金) 17:30配信

webスポルティーバ

 今週末7月9日に行なわれるGIIIプロキオンS(中京・ダート1400m)は3歳以上による重賞競走。芝に比べ、ダート競走は華やかさに欠けるという人がいるかもしれないが、今年のプロキオンSは今後が楽しみな好素質馬が揃っており、秋に大井競馬場で行なわれるJpnI JBCスプリント(ダート1200m)を占ううえでも重要なレースとなりそうだ。注目馬をチェックしてみよう。

6月にデビュー戦を走ったディープインパクトの子

 人気の中心となりそうなのが、今年のGIII根岸S(1月29日/東京・ダート1400m)勝ち馬でGIフェブラリーS(2月19日/東京・ダート1600m)でも3着に入り、実績上位のカフジテイク(牡5歳/栗東・湯窪幸雄厩舎/父プリサイスエンド)だろう。フェブラリーS後はドバイに飛び、GIIゴドルフィンマイル(3月25日/メイダン・ダート1600m)で5着に入っている。

 この馬の最大の武器はなんと言っても、最後の直線で見せる豪快な末脚だ。根岸Sでは直線入り口でほぼ最後方から、15頭をまとめてかわすゴボウ抜きで、翌週のテレビ番組・サンデーモーニング(TBS系列)でも取り上げられたほど。未見の方はぜひ、その動画をチェックしていただきたい。本馬は、昨年は7着と敗れるなど中京コースで勝利はないものの、昨年のGIチャンピオンズC(2016年12月4日/中京・ダート1800m)では4着に入っている。今回はドバイ以来約3ヵ月半ぶりの実戦となるが、力をつけた今年は中心的存在として期待される。

 キングズガード(牡6歳/栗東・寺島良厩舎/父シニスターミニスター)は昨年の3着馬。フェブラリーSでは11着と大きく敗れたが、JpnIII黒船賞(3月14日/高知・ダート1400m)2着の後、約3ヵ月ぶりの出走となった前走のOP天保山S(6月17日/阪神・ダート1400m)でも2着と、ここ2戦は好走を続けている。

 昨年は3連勝後の出走で、疲れも残っていたと思われるが、今年はそれに比べてフレッシュな状態での出走となる。この馬もカフジテイク同様、力強い差し脚が武器となるが、昨年のOP エニフS(阪神ダート1400m)では11頭立て6番手からの差しを決めるなど中団からの競馬にも対応できる器用なタイプ。左回りで勝利がないのが気になるが、昨年から経験を重ねパワーアップが見込めるだけに軽視はできない。

 イーデンホール(牡5歳/栗東・中内田充正厩舎/父ゴールドアリュール)は昨秋の500万下(京都・ダート1400m)から4戦3勝でオープン入りと短期間で一気に力をつけ、前走のOP栗東S(5月14日/京都・ダート1400m)で3着に入っての参戦。カフジテイクやキングズガードほどの鋭さはないが、ジワジワと長く脚を使うタイプの差し馬で、早めに動いても上位争いはできそうだ。

 ただ、ここまで取り上げた有力馬はすべて差しタイプ。そういう馬は時に展開が向かず届かないこともあるし、有力馬に差し馬が揃うと牽制し合って共倒れというケースも多い。こういう時に穴で狙いたいのは逃げ先行タイプだ。

 まず、それに当てはまりそうなのがベストマッチョ(牡4歳/美浦・手塚貴久厩舎/父マッチョウノ)だ。明け4歳と若く、今回が10戦目とキャリアも浅いが、前走の麦秋S(6月3日/東京・ダート1400m)で逃げ切って5勝目を挙げている。5戦4勝で臨んだ今年の根岸Sでは2番人気に推されながら12着と大敗したが、当時は3ヵ月の休み明け。今回は中4週と万全のローテーションで臨んでくる。ダート1400mでは6戦して4勝2着1回と好成績。過去9戦すべて東京コースだが、今回も同じ左回りなので大きく戸惑うこともないだろう。父マッチョウノ、母の父ストームキャットは昨年のJBCスプリントを勝ったダノンレジェンドと同じ配合。祖母が米GI馬という血統も魅力たっぷりで、新星登場に相応しい馬と言える。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
4月13日発売

定価 本体1,472円+税

フィギュア特集
『羽生結弦 平昌への道』
■ヘルシンキの激闘
■宇野昌磨、本田真凜ほか