ここから本文です

最新FIFAランクでアジアの勢力図に異変!? 豪州45位、日本46位、韓国51位…一番手は23位に躍進

7/7(金) 6:30配信

SOCCER DIGEST Web

日本は前回から1つ順位を下げる。

 FIFA(国際サッカー連盟)は7月6日、最新の国別ランキングを発表した。

 6月に2つの国際試合を戦った日本は、7日に行なわれた親善試合のシリア戦、13日のワールドカップアジア最終予選のイラク戦ともに1-1の引き分けに終わっていた。この結果が影響してか、日本のランキングは前回より一つ順位を下げて46位と、やや後退となった。

【PHOTO】日本代表を応援する美女サポーター

 アジア諸国では、アジア勢一番乗りでワールドカップ出場を決めたイランが7つ順位を上げて23位と大躍進。アジア勢では頭ひとつ抜きん出た存在となっている。

 さらに、8月31日に日本がワールドカップアジア最終予選で激突するオーストラリアが、日本よりひとつ上の45位、8つ順位を下げた韓国は51位。最終予選の最終戦(9月5日)で激突するサウジアラビアは61位となった。日本はアジア勢で3番手となっている。

 また、先のコンフェデレーションズカップで初優勝を飾ったドイツが2015年6月以来に首位の座に返り咲いた。2位にはブラジル、3位にはアルゼンチンが、順位をひとつずつ落としてランクされた。

最終更新:7/7(金) 6:30
SOCCER DIGEST Web