ここから本文です

主要国直近1年の株式パフォーマンス上昇率1位は意外にも「あの国」だった!?

7/7(金) 21:00配信

ダイヤモンド・ザイ

 世界のどの国も総じて景気は回復していませんが株価だけは上げています。リーマンショック後から継続している異例の金融緩和・量的緩和による資金が、ほかに行きも場なく株式市場に流入しているためですが、最近は量的緩和の縮小を示唆する発言が各国要人から出てくるようになりました。実際に行われるかはともかく市場心理がそれをどう受けとめているかは気にしておく必要があります。刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』が各国市場の立ち位置を検証します。

【詳細画像または表】

市場の反応を正確に読むことが向こう数年の投資パフォーマンスを決める

 世界の金融市場はドイツの物価上昇を受け、ECBが量的緩和縮小に踏み切る可能性に大きく反応したようです。イングランド銀行も遠くない時期に利上げに追い込まれるでしょう。

 これまでの株高は、各国中央銀行による金融緩和・量的緩和によるものでした。その方向性が変わるとしたら……市場の反応を正確に読むことが向こう数年の投資パフォーマンスを決定づけるはずです。

 とはいえ、無意味に弱気になる必要はありません。株式市場はイベント(突発的な悪材料)にどんどん鈍感になっているからです。金融緩和・量的緩和を後退させる「示唆」くらいなら、市場はこれを「イベント」として消化してしまうでしょう。

 いつからイベントに対する耐性が強くなったのか――ちょうど1年前、英国のEU離脱の是非と問う国民投票までは、市場はイベントに対してそれなりの反応を見せていました。その後トランプ当選や北朝鮮問題などでは下げ幅はどんどん小さく、戻りは早くなっています。

 そこで、英国の国民投票直後の安値から先週末(2017年6月30日)までの各国株式市場の上昇率を比較してみました。上昇率が低いほど悪材料に弱い、上昇率が高いほど悪材料に強い市場と判断することができます。

 比較対象には新興国を含む、主要18か国・20市場を選びました。米国にはNYダウとNASDAQ、中国には上海総合とハンセンが含まれます。まずは上昇率の下位・10市場からです。

 【国別上昇率 ワースト10】
①南アフリカ(TOP40 -0.3%)
②ロシア(RTS 9.6%)
③メキシコ(IPC 11.0%)
④中国(上海総合11.8%)
⑤オーストラリア(ASX 11.9%)
⑥サウジアラビア(SASEIDX14.2%)
⑦スイス(SMI 14.9%)
⑧インド(SENSEX 17.1%)
⑨英国(FTSE100 19.1%)
⑩インドネシア(JCI 20.5%)

 原油価格の下落を受けた資源国(オーストラリア、サウジアラビア)、トランプに目の敵にされているメキシコ、経済不安の中国、大幅なマイナス金利の弊害が出ているスイス、EUを混乱させた張本人の英国、新興国でもとりわけ人口が多い(消費が経済の大きな割合を占める)インドやインドネシアなどが「下位組」に名を連ねています。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)