ここから本文です

将棋ブームを牽引! 羽生善治棋聖に挑むイケメン過ぎる“西の王子” 斎藤慎太郎七段

7/7(金) 17:25配信

デイリー新潮

 今、将棋界が熱すぎる。史上最年少棋士として一躍時の人となった藤井聡太四段、そしてその藤井四段の連勝記録を29で止めたジュネーブ生まれの佐々木勇気五段など、若手棋士に注目が集まり、空前の将棋ブームの昨今、じわじわと人気を集める棋士がいる。斎藤慎太郎七段である。

 1993年生まれの斎藤七段は奈良県出身の24歳。18歳の時にプロ入りし、「好きを通り越して愛している」と公言するほどの詰将棋好きで、詰将棋解答選手権で2回優勝している。
 また現在、タイトル戦「第88期棋聖戦五番勝負」で羽生善治棋聖(王位、王座)に挑戦しており、7月1日に行われた第3局では、初白星を挙げ注目を集めている。

 斎藤七段が注目されているのはその強さだけではなく、“西の王子”という異名を持つほどに爽やかな外見にもあるだろう。SNSでは「今将棋ブームだけど、個人的には斎藤慎太郎七段を推したい めっっっちゃイケメンすぎて辛い 眼鏡は神」「いや、将棋界一のイケメンは斎藤慎太郎七段やろ」「【個人的な斎藤七段ポイント】 ・はんなり系関西弁 ・公式戦着物 ・物腰柔らか ・けど節々で鋭さ感じる ・お酒入ると饒舌(可愛い) ・年齢の割に落ち着きがある ・礼儀正しい ・高身長 ・笑顔がそこらの女子より可愛い ・将棋愛すごい ・将棋めちゃ強い 斎藤慎太郎スペック高すぎひんか…」と、斉藤七段にハマる人々が続出している。

 藤井四段の登場により、にわかに盛り上がる将棋界。これを機に、藤井四段だけでなく、他の若手棋士に注目してみると、今まで以上に将棋の面白さに気づくことができるかも。まずは11日に行われる棋聖戦第4局を楽しんでみては。

デイリー新潮編集部

2017年7月7日 掲載

新潮社

最終更新:7/19(水) 16:16
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。