ここから本文です

椰月美智子 『さしすせその女たち』第2話

7/7(金) 11:55配信

日経DUAL

5歳と4歳の子どもたちを育てながら、デジタルマーケティング会社で室長として働く多香実。

一見、仕事も充実し、子育ても満喫している今どきのワーママのようだが、実際は子育ても家事もほぼ自分でやらなければならない“ワンオペ状態”。共働き夫婦として夫の秀介にも、もっと家事育児をやってもらいたいのだが……。


ある土曜日。シングルマザーのママ友・美帆が土曜出勤というので、美帆の子どもたちの面倒をみていた。4人の保育園児を預かり、夕方になると疲れもピーク。スーパーでお弁当を買って帰宅したら、夫の秀介が帰宅していた。



『さしすせその女たち』 今回の主な登場人物

◆米澤多香実(よねざわ たかみ) 39歳 /デジタルマーケティング会社「サンクルーリ」ソーシャルマーケティング部クライアントオペレーション室 室長
◆米澤秀介(よねざわ しゅうすけ) 40歳/食品メーカー営業職 課長
◆米澤杏莉(よねざわ あんり) 5歳/みゆき保育園年中クラス
◆米澤颯太(よねざわ そうた) 4歳/みゆき保育園年少クラス



◆美帆(みほ) 41歳/去年離婚したシングルマザー。エレクトロニクス関連会社の派遣社員。家庭教師のバイトも掛け持ちしている
◆響子(きょうこ) 5歳/みゆき保育園年中クラス
◆一真(かずま) 3歳/みゆき保育園2歳児クラス


 マンションの部屋に戻ると、秀介が帰宅していた。今日は土曜だが、取引先との打ち合わせがあるということで出勤していた。

「あっ、パパ」

 杏莉が秀介にかけ寄り、その声に反応して、颯太も目を開けて多香実の腕から飛び降りた。
「早かったのね、おかえりなさい」

「ああ、なんだか熱っぽいから先に帰らせてもらった」

 そう言って、コンッ、とひとつ咳をする。秀介は多香実より1歳年上の40歳で、食品メーカーで営業職をしている。昨年課長に昇進し、それに伴い帰宅も遅くなった。

「子どもたちにうつったら大変だから、すぐにマスクしてね。熱は? 体温計、引き出しにあるから計ってみて」

 それだけ言って、多香実はキッチンで慌ただしく味噌汁を作りはじめた。スーパーで買ってきたお弁当だけでは野菜が足りないと思い、一緒に購入したほうれん草を急いで茹でる。

「はあ? 弁当? 体調悪くて疲れて帰ってきたのに弁当かよ」
 食卓に並べたものを見て、秀介が言う。

「作ってる時間がなかったのよ。今日は朝から響ちゃんとかーくんが来てたの。美帆ちゃん、仕事だっていうから預かったのよ」

 それがどれほど大変なことなのかわかっていない秀介は、あー、そうですか、と不機嫌に言う。

1/3ページ

最終更新:7/7(金) 11:55
日経DUAL

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日経DUAL

日経BP社

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト
小島慶子さん、岸谷香さんなど著名人コラム
保育園検索や共働き夫婦のノウハウも提供
大好評!共感マンガ