ここから本文です

ダークファンタジー、隣人との恋…… 舞台が全然違う!「映画狂」マンガ CREA 2017年7月号

7/7(金) 12:01配信

CREA WEB

今月のテーマ「シネフィル(映画狂)」

■【MAN】
雪に覆われた世界を往く
炎のダークヒーロー降誕

 雪に覆われ人類が飢餓に瀕した世界。少年アグニは「焼け朽ちるまで消えない」炎を操る祝福者・ドマによって妹を灰にされ、自身も全身炎に包まれた。だが、「再生」の祝福=超能力の持ち主だったアグニは、炎に包まれたまま生き抜く術を8年かけて体得。復讐の拳を叩き込むため、ドマの待つ都市を目指して歩き出す。

 ところがその道のりは、超強力な再生能力者であり映画狂のトガタの登場によって歪む。彼女は自分が「監督」になり、アグニを「主人公」にした映画を撮ると宣言。彼の復讐を「演出」し始める! 

 死んだほうがマシな世界で、死なずに生きる根拠。トガタにとってそれは映画であり、アグニにとっては復讐だ。トガタのバカバカしい提案をはねのけなかったのは、映画を面白くするためならなんでもやる彼女が、アグニの復讐の炎を燃え立たせてくれるからだ。かくして2人のロードムービーは続く。エンドマークが打たれる日は来るのか? 

『ファイアパンチ』(既刊5巻) 藤本タツキ

「氷の魔女」と呼ばれる祝福者の力で、世界は雪に覆われた。そんななか、妹がオノで兄の右腕を切断し、「兄さんの肉を食べてください」と隣人に配って歩く――。ぶっ飛んだオープニングから炎のダークヒーローが誕生し、復讐の物語が起動する。「少年ジャンプ+」連載中。
集英社 400円

■【WOMAN】
趣味が合わない「隣人」と
「友人」になり「恋人」に!? 

 タイトルの元ネタは、「ウディ・アレン」と「グザヴィエ・ドラン」。大学生の林田(ツイッターネーム「リンダ」)は熱狂的なシネフィルで、マイナー映画の話題が共有できない同級生達とは距離を置きがち。自意識過剰かつ自己評価が極端に低い反動から、「私が好きなものが好きな人じゃないとダメなんです」と恋愛ハードルを上げまくる。

 ひょんなことからマンションの隣人・江戸川と知り合うものの、リンダの映画狂いを「サブカル(笑)」と一刀両断! そんな相性最悪な2人が、恋をする。

 リンダが疲れ切って家に帰った夜、隣の部屋から以前オススメした映画のサウンドトラックがかすかに聞こえてくる。彼は彼女の、「好きなものが好き」ではない。でも、彼女の「好きなもの」に興味がある。「好き」になってくれようとしている。最初から「好きなものが好き」な相手より、こっちのほうがずっと恋心をくすぐられるのは当然って思うんです。

『アレンとドラン』(既刊1巻) 麻生みこと

マイナー映画の話題で意気投合し、家にまで上がり込もうとしてきたサブカルおじさんを撃退してくれたのは、隣人の江戸川(エドガー)だった。リンダは彼が勤めるバーの常連となってお喋りを交わすうち、なんでも話せる「友人」となり、そして……。「Kiss」連載中。
講談社 429円

吉田大助

最終更新:7/7(金) 12:01
CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年10月号
9月7日発売

定価780円(税込)

触れて、感じて、ほっとする
リラックスするための美容。

「おこもり宿」でリラックス
BTS(防弾少年団) スペシャル インタビュー

ほか