ここから本文です

突然発生する急性大動脈解離、救命は時間との闘い

7/7(金) 21:04配信

日経グッデイ

 2017年7月6日に舞台から転落し、亡くなった俳優の中嶋しゅうさんの死因が急性大動脈解離だったことが、所属事務所の発表で明らかになりました。

【関連画像】大動脈は体のどこに位置している?

 同じ循環器の病気である心筋梗塞や狭心症に比べて、大動脈解離の発生率は低いのですが、加藤茶さん、石原裕次郎さんはこの病気を発症しながら生還し、塩屋俊さん(俳優)、大滝詠一さん(ミュージシャン)、立松和平さん(作家)らは残念ながら亡くなった、といった報道が記憶のどこかに残ってはいないでしょうか。

 2015年5月には、タレントの大木凡人さんが、同年1月に大動脈解離を発症して緊急手術を受けたことを公表しました。「胸部に突然発生した強烈な痛みに気絶しそうになりながら119番に電話し、大がかりな手術を受けて生還した」という話に、他人ごとではないと恐ろしくなった方もおありでしょう。

 急性大動脈解離は、前兆といえる症状がほとんどない上に、発症すれば短時間のうちに死亡するリスクが高い、やっかいな病気です。いったん発症したら、治療を受けられる施設に、できるだけ早く「生きて」到着しなければなりません。

●【大動脈とは】心臓から全身に血液を送り出す、最も太い血管

 大動脈は、酸素を多く含んだ動脈血を心臓から全身に送り出す、体内で最も太い血管です(関連画像)。心臓から出る上行大動脈の付け根から分岐した冠動脈は、心臓の筋肉に血液を送ります。首に向かって延びる上行大動脈は、鎖骨より若干下の位置で弓なりに曲がって(弓部大動脈)、下行します(下行大動脈)。弓部大動脈から3本の血管が分岐して、頭部と両腕に血液を送ります。下行大動脈からは胸部の臓器や背骨(胸椎)などに血液を送る血管が分岐しています。背骨のすぐ前側を下行する大動脈は、やがて横隔膜にあいている穴を通って腹部に至り(腹部大動脈)、腹部の臓器や下肢に血液を供給します。腹部大動脈の直径は20~25mm、胸部大動脈の直径は約25~30mmもあります。

●【大動脈解離とは】血管の内側に傷ができ、壁の中に血液が流れ込む

 太いホースのような大動脈の壁は、内膜・中膜・外膜の3層構造になっています。内膜のどこかに傷ができ、そこから血液が中膜部分を裂くようにして流れ込んだ状態を解離といいます。解離が生じると、最初の穴より下流にもう1つ穴があいて内膜と外膜の間に血液の流れができたり、出ていく場所のない血液がその場で固まったりします。

1/2ページ

最終更新:7/7(金) 21:04
日経グッデイ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

医師などの専門家に取材し、
医療と健康の信頼できる情報お届けする
「困ったときに相談できる」サイト。