ここから本文です

「船越別宅周りを徘徊」松居一代が動画で激怒の記事全文公開

7/8(土) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 YouTubeに衝撃の独白動画を公開した松居一代。「船越英一郎 裏の顔」という動画では『女性セブン』に掲載された自らに関する記事に対し、強い怒りを訴えている。

『女性セブン』2016年2月11日号に掲載された『松居一代 帰らぬ夫船越英一郎の別宅周りを徘徊の日々』という記事に対しては、「徘徊なんかしてません。この写真は私がスーパーマーケットから出てきた写真です」と主張。さらには、「この(記事が掲載される雑誌の)発売も、船越が以前から全部ノートに書いていたんです」と、話している。

 その記事とはどんな内容なのか。ここで全文を掲載する。以下、女性セブン2016年2月11日号より(年齢などは当時のもの)。

 * * *
「妻の束縛」とGoogleで検索すると、55万7000件がヒットする。「束縛が強すぎて離婚したい」「家に帰りたくない」「愛が痛い」…。そこには男たちの悲鳴が溢れている。松居の“15年束縛愛”に耐え続けた船越が離婚を決意して3か月。離れゆく夫の背中を、松居は今も追い求めている。

 *
「40年に1度」といわれる大寒波が日本列島を襲った1月23日の夜8時。都心の高級和食店に松居一代(58才)の姿があった。

 真剣な表情でなにやら相談している相手は、松居の知人女性。金目鯛や漬物に箸を運びながら、周囲を気遣うように小声で話し合っている。

 賑やかな店内で、2人の空気だけが重い。

 退店後、女性を送った松居は、明かりの消えた自宅にひとり帰宅した。

 *
「皆さんに見ていただきたいものがあるんです」

 1月初旬、本誌による船越英一郎(55才)と松居の離婚報道を受けて、自宅に殺到したマスコミを近くの神社に連れて行った松居。

 昨年末に船越と奉納したという夫婦連名の鈴緒(本殿の鈴を鳴らすための布綱)を見せながら、夫婦円満をアピールした。

「いちばん大きな鈴緒を3本。ね、これを見ていただけたら一目瞭然でしょう」

1/4ページ