ここから本文です

「子連れ旅」呼び込むカリフォルニア 親子で自然満喫

7/8(土) 7:47配信

NIKKEI STYLE

 夏休みが近づいてきた。家族でちょっと遠出も可能なこの機会に、英語に触れながら普段できない体験もしてみたい……。この夏、そんな子連れ観光客を積極的に呼び込もうとしているのが米国カリフォルニア州だ。カリフォルニア観光局が2017年から「カリフォルニア・ドリームキッズ・プロモーション」を展開しており、子連れ旅行者向けの情報提供や、現地協力企業との連携に力を入れている。

■親子向けアクティビティーが充実のカリフォルニア

 カリフォルニアといわれてまず思い浮かぶのは、ロサンゼルスやサンフランシスコなどの大都会、サンタモニカなどヤシの木が連なるビーチだろうか。ディズニーランドやユニバーサルスタジオなどのテーマパーク、スペースシャトルが見られる科学センター。レイクタホや世界遺産のヨセミテ国立公園の大自然、メキシコ的な雰囲気が漂うサンディエゴ。大人も子供もそれぞれに楽しめそうな場所が思い浮かぶ。

 日本からカリフォルニアへは、サンフランシスコ、サンノゼ、ロサンゼルス、サンディエゴと直行便が4カ所に飛んでいて、行きは約9時間半~10時間と身近な旅先だ。しかし、何といっても日本全土が入ってしまう大きさ(42万3970平方キロメートル)なので、家族であちこち回ろうと思っても車の運転や英語力が不安という方も多いだろう。「カリフォルニア・ドリームキッズ・プロモーション」はそうした親子の旅を想定したプログラムだ。
[カリフォルニア・ドリームキッズ・プロモーション  ]

 子供を対象としたさまざまなアクティビティーを紹介するガイドブック「カリフォルニア・ドリームキッズ・アクティビティー・ガイド」(カラー16ページ)を無料で配布している(ホームページより申し込み)。国立公園でのジュニアレンジャー体験、ホエールウオッチング、無料のキャンディー工場見学など、親も一緒に参加したくなるような内容だ。

 旅行中の英会話をサポートしてくれるアプリも提供されている。音声付きの「指差し会話」、カリフォルニアのガイドブックやクイズなどで構成された無料アプリ「ドリームキッズ指さし会話アプリ」(App StoreおよびGoogle Playからダウンロード)を配布している。
 カリフォルニア観光局のサポートを受けて、日本発着の「カリフォルニア・ドリームキッズの旅」を出している旅行会社もある。目的地と併せて紹介しよう。

1/2ページ

最終更新:7/8(土) 7:47
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。