ここから本文です

高級ノートの販売好調 紙離れでも書き味やデザインに拘り

7/8(土) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 PCやスマホ、タブレットの普及によりペーパーレス化があらゆる場面で広がっている。簡単な備忘録から、学校の授業、ビジネス会議、商談まで、いまは手書きメモに頼らなくても情報端末に記録・保存できるソフトが進化している。大学の講義で板書をスマホ写真で撮り、すぐさまPDF化する学生が続出しているのも時代の流れといえるだろう。

 そんな“紙離れ”の影響をもろに受けているのがノート業界だ。昔ながらの学習帳や大学ノート、レポート用紙などを製造販売する某老舗ノートメーカーの担当者は、

「ノートの出荷量は平成に入ってから徐々に落ち始め、いまや全盛期の3分の1以下になってしまいました。普通に文房具店などの小売店に置いても売れないので、学校名や社名を冠したオリジナルノートや記念品などオーダーメイドに特化しています」

 と嘆く。だが、その一方でちょっとしたアイデアやデザインを施したり、紙の質を高めたりして注目を浴びるノートもある。7月7日まで東京ビッグサイトで開かれていた「国際 文具・紙製品展ISOT」で出展メーカーに最新ノートへのこだわりを聞いてみた。

「他社の方眼ノートといえば5mmや7mmが主流ですが、当社は目が小さい2mmにしているのが特徴です。5mmや7mmだとマス目を気にして自由に文字が書きづらかったり、文字の大きさや行間が変えにくかったりと不便さがありました。その点、2mmだと文字だけでなくイラストも書きやすく、それでいて曲がらずに行を埋めることもできます」

 こう話すのは、新日本カレンダーのマーケティング部担当者。大阪に本拠を置く同社は、社名の通り「日めくりカレンダー」をつくっている会社だが、そこに使われる超薄くて軽い「純白紙」を利用して365日書き込めるノートやメモ帳なども作成している。

 通常の2mm方眼ノート(A5/税抜450円)も紙の質にこだわっている。インクの吸収性に優れた「OKフールス紙」を採用。「根強い万年筆ブームもあって、値段に関係なく書き味を重視してノートを選ぶ消費者が増えてきた」(前出・担当者)という。

1/3ページ