ここから本文です

作家・原田マハ氏が解説、生きている内に見るべき名画の数々

7/8(土) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 美術館を訪れ、1枚の絵の前に立つ。その意味について、名画を中心にストーリーが展開するアート小説を数多く執筆している作家・原田マハ氏が語る。

「そこは作品を描いた画家がいた場所。画家の魂が最もこもっている場所なのです。フェルメールの『真珠の耳飾りの少女』を見ている自分が立っている場所に、フェルメールも立っていたんです。実際の絵を見に行くことの素晴らしさのひとつは、この体験ができることです」

 過去に商社でのアートコンサルティングや、森美術館(東京・六本木)で展覧会を企画するキュレーターを務めるなど、アートの専門家として活躍していた原田氏が作家に転身したのは40歳を過ぎてからのこと。

「子どものころから絵を見るのも描くのも大好きでした。物心ついたころから、自分の傍らには絶えず何らかの形でアートがありました。それで大学卒業後、美術の仕事に20年近く携わってきましたが、“大好きな絵をより多くの方に知ってもらいたい”という思いはずっと変わっていません。好きな絵が登場する小説を書けば、アートに興味のない方にもその絵を知ってもらえると思ったんです」

 原田氏が6月に上梓した著書『いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画』(集英社新書)は、美術史において大きな転機を与えた絵画、美術の新時代の幕開けとなった革新的な絵画など26作品を、独自の視点と体験を交えて綴った1冊だ。数多くの歴史に残る名画の中から、どのような基準で選んだのか。

「美術史的に重要な作品であることは言うまでもないですが、さまざまな絵と付き合ってきた私の人生を通じて、特に忘れられないエピソードや個人的な思い入れがある作品を選びました」

 過去と現在を往来し、画家と原田氏の人生が1枚の絵を介して交錯する場面が記されている。

◆「この1枚で美術史は塗り替えられた」

 最初に紹介するのは、原田氏が「この1枚で美術史は塗り替えられた」と解説するピカソの『アヴィニヨンの娘たち』だ。

1/5ページ